しんがりの思想 反リーダーシップ論

しんがりの思想 反リーダーシップ論

作者名 :
通常価格 902円 (820円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

やかましいほどにリーダー論、リーダーシップ論がにぎやかである。いまの日本社会に閉塞感を感じている人はとくに、大きく社会を変えてくれるような強いリーダーを求めている。しかし、右肩下がりの縮小社会へと歩み出した日本で本当に必要とされているのは、登山でしんがりを務めるように後ろから皆を支えていける、または互いに助け合えるような、フォロアーシップ精神にあふれた人である。そしてもっとも大切なことは、いつでもリーダーの代わりが担えるように、誰もが準備を怠らないようにすることであると著者は説く。人口減少と高齢化社会という日本の課題に立ち向かうためには、市民としてどのような心もちであるべきかについて考察した一冊である。

鷲田清一(わしだ・きよかず)1949年、京都生まれ。哲学者。京都市立芸術大学学長。大阪大学名誉教授。せんだいメディアテーク館長。専門は臨床哲学・倫理学。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。関西大学文学部教授、大阪大学教授、同大学文学部長、総長、大谷大学教授をへて現職。著書に『分散する理性』『モードの迷宮』(以上2冊でサントリー学芸賞)、『「聴く」ことの力』(桑原武夫学芸賞)、『「ぐずぐず」の理由』(読売文学賞)、『「待つ」ということ』、『哲学の使い方』など多数。2004年、紫綬褒章受章。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川新書
電子版発売日
2015年04月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

しんがりの思想 反リーダーシップ論 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年09月26日

    いつも通りの鷲田さん、やっぱりいつ読んでもいいなぁと思う。こんなに現代社会を言い当ててるひとは数少ない。しかも、こんなに大切な言葉で。あったかい言葉で。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月12日

    昭和から平成へと時代が移り変わり、様々な生活スタイルが変わって行く。将来子供達の時代はどうなって行くのか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月04日

    縮小社会・日本に必要なのは強いリーダーではない。求められているのは、つねに人びとを後ろから支えていける人であり、いつでもその役割を担えるよう誰もが準備しておくことである。新しい市民のかたちを考える。
    「BOOKデータベース」より

    リーダーになりたいなんて思ってないし、リーダーになれ、と言われても断...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月02日

    フォロワーシップという言葉がある。
    良いリーダーとは、
    リーダーシップとフォロワーシップを兼ね備えていること。
    いざという時には人々を力強く導くこともできるが、
    普段はじっと見守り、
    行動しようとしている人をサポートし、
    集団を背中からぐぐっと押し上げてくれる。
    そんな人になりたいし、
    何よりも目の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月29日

    自身の実生活に重ねて強く感じたのは、地域コミュニティーの崩壊が進む深刻さ。
    SNSは人を緩く繋ぎ続けることはできても、実体のある活動としての地域社会を維持できるかという面ではマイナスにすらなりうるのではないかと考えた。
    外に出て、言葉を交わし、お互い対等な立場で何かを作り上げるイベントが地域に必要で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月16日

    繰り返しが多いと思ったが、まっとうなことをおっしゃっています。なんでも外注に出して誰もがお客さんになっている、と、本当にそれは感じる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月27日

    鷲田さんの本。バリバリの哲学関連の内容では
    ないものは読みやすい。
    強いリーダーではなく、しんがりを務め、フォロワーシップ精神にあふれた人が大切であるということ。
    我々は、顧客・消費者ではなく市民であるべきということ。
    右肩下がりで成長神話のみを追いかける時代ではないこと。
    それぞれ非常に大事なこと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月15日

    各論には反対、というかとうていついていけないようなところがあるけれど、現在の市民はあらゆることに「おまかせ」になっているという批判については同意。
    最近の著者は、だから草の根でも何かやろうよ、という立場で、実際にそれを実践していたりするのね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月17日

    縁の下の力持ちの重要性について論じた本。誰もがその役割を担うことを心がけるべきだというのが本書の主張。
    この主張には納得できる部分もあるが、フォロワーシップとリーダーシップはバランスをとることが重要だと個人的には思う。どっちが消えてもダメ。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年08月25日

    しんがりの思想 鷲田清一

    1章 成長とは別の途

    成長の予感が安心をもたらす社会、縮小へとなかなか反転できないしゃかいというのは、実は未来をあなどる社会ではないだろうか。

    柳田邦男 80年前、貧困と病による自殺の急増を見て思ったのは「説くにも忍びざる孤立感」というもの

    顔にも貧窮が苛烈であった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています