「待つ」ということ
  • 値引き

「待つ」ということ

作者名 :
値引き価格 770円 (700円+税) 9月24日まで
通常価格 1,540円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

現代は待たなくてよい社会、待つことができない社会になった。現代社会に欠落しはじめた「待つ」という行為や感覚の現象学的な考察から、生きること、生きていることの意味に分け入る。臨床哲学の視点からの認識論。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川選書
電子版発売日
2013年04月11日
紙の本の発売
2006年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

「待つ」ということ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年07月31日

    あとがきとまえがきは読めるけど、本文はかなり重い内容です。でも歳をとれば感覚で読めるようなところはあるし、若い時は分からないと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月13日

    自身が「待つ」事が必要になった時に手に取りました。私は哲学等には明るくないが、著書はそんな人間にもわかりやすく書かれており、むしろ哲学というより人間本来の「機能」に回帰する事が正に待つという行動なのかと感じた。本当に聡明な方の言葉は、誰にでもわかりやすく小難しくないものだと感銘をうけた一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月05日

    「待つ、ひたすら待つ。その姿は痛々しいものである。」

     僕は今、明確な期限を持たない”待つ”という状況に置かれています。そんな中でこの本と出会い、学ぶことが多く有りました。この本を読み待つことの意味、そして待つことが人に何を及ぼすのか、待つことそれ自体のあり方を様々な側面から思考してみることで、今...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月30日

    ものを長い眼で見る余裕がなくなった。仕事場では、短い期間に「成果」を出すことが要求される。どんな組織でも、中期計画、年度計画、そしてそれぞれに数値目標を掲げ、その達成度を測らないといけない。

    せっかちは、息せき切って現在を駆り、未来に向けて深い前傾姿勢をとっているようにみえて、実は未来を視野に入れ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月23日

    あとがきより。

    『待つということにはどこか、年輪をかさねてようやく、といったところがありそうだ。痛い思いをいっぱいして、どうすることもできなくて、時間が経つのをじっと息を殺して待って、じぶんを空白にしてただ待って、そしてようやくそれをときには忘れることもできるようになってはじめて、時が解決してくれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月31日

    「待つ」という事をテーマにした考察。

    「待つ」必要がない世の中になってきた。
    ・・・というより「待つ」事を極度に嫌うような世の中になってきた、と言うべきか。
    そういう自分も飲食店で行列ができていたら、それだけで行く気が失せてしまうクチなので、偉そうな事は言えた義理ではない。

    すぐ理解できたり、役...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月30日

    くりかえすが、未来があるというのは、だから、希望をもてるということである。何かを待つことができるということである。V・E・フランクルによれば、強制収容所ではクリスマスから新年にかけて、いつも大量の死亡者が出たという。これは、過酷な労働条件によるものでも、悪天候や伝染症疾患によるものでもない。「クリス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月27日

    2006年に出てるとしって、知らなかった6年間、損したと思った。

    暮らしと仕事に追われ、本にタイするアンテナ低かったな~と、馬鹿みたいな自己反省ばかりしている。

    「待つ」ことができなくなってる自分を感じ、この震災の後、もう一度自分の暮らし方と向き合いたい。

    みみっちいほどのせっかち..このこと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月01日

    ちょうおもしろい



    章分けの2文字の連続が個人的にとても好み
    待つことは待たれる者への・・はー

    2回りくらいして脳に落とし込まないととても他者へきちんと話せる内容ではないです

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    影ながら尊敬してるある人からもらった本。
    鷲田氏をおすすめしたらこれくれたw
    ほんっと、おもしろいです。鷲田バンザイ!

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています