「安部龍太郎」おすすめ作品一覧

  • 作者名:安部龍太郎(アベリュウタロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1955年06月20日
  • 出身地:日本 / 福岡県
  • 職業:作家

国立久留米工業高等専門学校機械工学科卒。『師直の恋』でデビュー。『血の日本史』、『関ヶ原連判状』、『彷徨える帝』、『信長燃ゆ』など数多くの作品を手がける。『等伯』で第148回直木賞受賞。

作品一覧

2017/01/13更新

受賞作品

ユーザーレビュー

  • 家康

    従来の歴史史観から離れて、新しい歴史史観でみた家康の活躍を描いた本格的な長編歴史小説です。本書、自立編では信長と組んで信玄と対する三方が原の闘いまでが著されています。武将の経済的な面からも見ているので、信長と家康の力の差などがよく分かり、興味深い内容となっています。400ページ以上に及ぶ長編ですが、...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 冬を待つ城

    これを読んでから岩手に行きたかった。
    仕事で岩手に行ったとき、たまたま「九戸政実プロジェクト」の方から教えてもらった九戸政実。日本史が苦手なので、全然知らず、簡単に説明していただいてもピンと来ず、その場を後にしたのでした。
    その方たちの熱さに押されて、この本を読んで見た。すごい!東北の人の強さの根源...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 関ヶ原連判状

    最後の最後まで気の抜けない展開。

    関ケ原の勝敗が決定した瞬間の描写、
    そして、石田三成の悲嘆がとても印象的。

    Posted by ブクログ

特集