信長はなぜ葬られたのか 世界史の中の本能寺の変
  • 値引き

信長はなぜ葬られたのか 世界史の中の本能寺の変

作者名 :
値引き価格 513円 (467円+税) 3月4日まで
通常価格 856円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

戦国時代は世界の大航海時代だった。スペインやポルトガルは世界中で植民地獲得に乗り出し、その波が鉄砲やキリスト教伝来という形で日本にも押し寄せていた。織田信長はこれにどう対処するかという問題に直面した、わが国初の為政者だったのだ――安土城跡に発見された「清涼殿」の意味、スペインからの使者・イエズス会ヴァリニャーノとの熾烈な交渉、そして決裂。その直後に本能寺の変は起きた……。江戸の鎖国史観から見ていてはわからない、世界史における本能寺の変の真実。信長が背負っていた真の孤独とは。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎新書
電子版発売日
2018年07月26日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

信長はなぜ葬られたのか 世界史の中の本能寺の変 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年12月24日

    いろいろ知らないことが多く、勉強になる本。戦国時代のキリスタンの影響力が印象的です。あと、作家の想像力が感じられて、素直にすごいなあと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月06日

    ちょうどNHK大河ドラマ「麒麟が来る」では、これから信長が朝倉義景を討つための出陣前夜である。信長は帝から、天下を平定し平和な世を構築することを目的とした戦を認められ、戦の大義名分ができた。

    信長は朝倉を討つ戦いに、幕府の後ろ盾を求めたが、将軍足利義昭は朝倉を討つことに難色を示し、幕府の後ろ盾を得...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月09日

    織田信長がなぜ殺されたかについて綴った一冊。

    信長の暗殺にはカトリックが絡んでいるというのは、今までにない視点で面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月22日

    斬新な切り口。宗教の視点を入れて歴史を考えることは重要と感じた。それと江戸幕府史観は士農工商なので、そこを経由しての戦国時代はやはり色々歪曲されてるのだろうとかんじた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月25日

    信長が天下統一目前で、本能寺に散った理由を公家の近衛前久やキリスト教の観点から分析。

    信長という存在が当時の誰よりも進んだ存在だったからこそ、不安視されていたんだなと感じました。キリスト教を通じてヨーロッパから莫大な利益を得られる一方で、神の前では平等とする理念のために距離を取らざる得なかったこと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月11日

    予てから私も著者と同じく、戦国~安土桃山時代の捉え方が、江戸時代に真逆に書き換えられていると感じていたので、本作品内で引用されている例示は至極納得でき、爽快な気分になった。キリシタンや南蛮貿易を主として捉えると人物も事件も違った様相を呈して非常に面白い。蛇足だが、景教の影響からの厩戸皇子や蘇我馬子の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月25日

    事実としたら、秀吉のイメージは大きく変わる。秀吉は「本能寺の変」を事前に知っていた、ということだから。
    光秀も一人責任を負わされ、長生きしていたら、「事実」がどれくらい公になったのだろうか。
    信長の天才性や人を人とも思わぬ所業がやっぱり強烈だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月02日

    明智光秀の謀叛とされている本能寺の変は、実は明智光秀ひとりに悪役が押し付けられたもので、裏では色んな動きがあった、というものですが、これが歴史の真実なのかよくできたフィクションなのかよくわからないながらも、おもしろく読めました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月16日

    話題になり、人からもおすすめされたので手に取りました。

    本能寺の変の謎を解く、といった作品は、おそらくこれまで多数あったと思いますが、国内の政治状況に加え、大航海時代という世界の歴史の中でとらえたこの作品は、かなり興味をそそる一冊となりました。
    その観点からとらえ、その後の秀吉の天下統一、朝鮮出兵...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月09日

    あまり知られていないものを含む、多数の資料による、力強さを持った言葉。感情を抑えない優しく温かい言葉。
    二つの言葉を、心地よく感じながら読むことができた。まだどこかに謎を紐解く資料が残っているのだろうか。残っていないのだろうか。歴史浪漫に胸が熱くなった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています