維新の肖像

維新の肖像

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

明治維新そのものが持つ思想と制度の欠陥に根本原因があるのではないか――1932年、イェール大学で歴史学を研究する朝河貫一は、日露戦争後から軍国主義に傾倒していく日本を憂えていた。そのとき、亡父から託された柳行李を思い出す。中に入っていたのは、二本松藩士として戊辰戦争を戦った父が残した手記だった。貫一はそれをもとに、破滅への道を転げ落ちていく日本の病根を見出そうとする。明治維新の闇に迫った歴史小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2017年12月21日
紙の本の発売
2017年12月
サイズ(目安)
1MB

維新の肖像 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年03月13日

    今年2018年は明治維新150年。このため全国で様々なイベントが行われたりしているが、政府も「明治150年」関連施設推進室を設置して「明治の精神に学び、日本の強みを再認識」すべきと提言しているようである。しかしこの作品は実在した歴史学者「朝河貫一」の人生を通じて明治維新そのものが持つ思想と制度の欠陥...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月06日

    明治維新により、失ったものも大きいという事が良く理解できた。いつの時代も勝った者の世の中。しかし、多くの人を犠牲にした戦争へと進んだ罪は重いと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月28日

    太平洋戦争前夜のアメリカ・イエール大学で教鞭をとる朝河貫一が、戊辰戦争を戦った二本松藩藩士の父の書き残した手記をもとに、明治維新の意味を問い直すため「維新の肖像」という小説を書くという二重構造となっている。
    アメリカで反日の人々から迫害を受けながら、貫一は軍国主義に傾倒する日本を憂える。そして父の手...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月08日

    時代は昭和初期と明治維新の時を行き来する珍しいタイプの歴史小説。
    アメリカのイエール大学で日本史を教える60歳の准教授が戦争に突き進む日本に警鐘を鳴らしていたが、効はならず歯がゆい想いをしていた。
    そんなときになぜ、日本はこのように心なく無茶を押し付けるような国になったのだろうと思案した時に明治維新...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月14日

    明治維新時に、旧幕府側の藩士として多難な目にあった父と、藩閥を嫌い日本を飛び出してボストンで教職にある息子との、行きつ戻りつで近代日本のやりきれない部分を描こうとしたものか。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年07月16日

    一昨年の、明治維新から150年を記念したイベントが目白押しだったころから、「本当に江戸時代は暗黒時代だったのか。明治維新で世の中はよくなったのか」に疑問を呈するような本がずいぶんと出版されるようになったと思う。
    この本も、その一冊。

    第二次大戦直前の、反日感情渦巻くアメリカで、イェール大学の歴史学...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています