結城浩の一覧

「結城浩」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:結城浩(ユウキヒロシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1963年
  • 出身地:日本
  • 職業:作家

『Java言語プログラミングレッスン』、『Java言語で学ぶデザインパターン入門』などプログラム入門テキストを多く手がける。小説『数学ガール』で日本数学会賞出版賞を受賞。プロテスタントのクリスチャンである。

無料作品コーナー

無料
最後の一枚の葉
0円(税込)
無料
幸福の王子
0円(税込)
無料
賢者の贈り物
0円(税込)
無料
マッチ売りの少女

作品一覧

2019/11/23更新

ユーザーレビュー

  • 数学ガールの秘密ノート/行列が描くもの
    高校課程で履修していない行列についての本でした。
    行列について一から定義を確認するステップを踏みながら進んでいくので非常に分かりやすい良書となっています。もちろん、この一冊で全てを理解できるわけではありませんが、自分で手を動かし、考えることで行列が示すものの一端を垣間見ることができたと思います。
  • 数学ガールの秘密ノート/学ぶための対話
    めっちゃくちゃよかった。すべての先生に読んでほしい。この本は要約を拒否する。なぜなら、この本のなかで行われるやりとりそれ自体が重要だからだ。進んだり戻ったりの指導は、冗長で、だからこそ素晴らしい。
  • 数学ガール/ゲーデルの不完全性定理
    半分も理解できなかったけど、ゲーデルの不完全性定理の全体像を描いてくれてて、頑張って理解しようと思わせる内容でした。
  • 数学ガールの秘密ノート/積分を見つめて
    積分について丁寧に説明されていて、自分が高校生の時に受けた積分の授業を思い出した一冊だった。初心者向け、よくわかっていない人向けなので深い話を期待すると全く無いので悲しいが、よくできている本だと思う。
  • 数学ガールの秘密ノート/やさしい統計
    扱っている範囲はそれほど広くない。これでも文系には難しく感じる人もいると思う。文系の粘り弱さは想像を絶するから,このように工夫された本でも,落ちこぼれる人は消えない。そういう人は分からない原因を外に帰属するからタチが悪い。


    ***
    グラフは《パッとわかる》けど,それこそ危険なところなんだ。わかっ...続きを読む