「結城浩」おすすめ作品一覧

「結城浩」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:結城浩(ユウキヒロシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1963年
  • 出身地:日本
  • 職業:作家

『Java言語プログラミングレッスン』、『Java言語で学ぶデザインパターン入門』などプログラム入門テキストを多く手がける。小説『数学ガール』で日本数学会賞出版賞を受賞。プロテスタントのクリスチャンである。

無料・値引き作品コーナー

無料
最後の一枚の葉
0円(税込)
無料
幸福の王子
0円(税込)
無料
賢者の贈り物
0円(税込)
無料
マッチ売りの少女

作品一覧

2018/04/20更新

ユーザーレビュー

  • 暗号技術入門 第3版 秘密の国のアリス
    SSL/TLSの専門書を読み始めたのですが、そもそも暗号技術の基礎が弱いと感じ、急がば回れで読み始めました。
    結果、色んな技術の関連が俯瞰でき、すごい良書でした。
    入門書ですが、一般のエンジニアにとってはこれだけ分かってれば充分仕事できる内容だと思います。
    学んでいて疑問に感じるところがクイズ形式に...続きを読む
  • 数学ガール
    数論がテーマだった。差分と微分の対応関係など興味深い。よくある数列の触りかと思いきや、想像以上に深いところまで飛び込んでくれたので、思い切り堪能させてもらった。数学する楽しさ、厳しさと、その世界での舵の取り方もさらりと語ってくれる。数学探求が物語になることを著者は証明した。さすが賞を取るだけのことは...続きを読む
  • 暗号技術入門 第3版 秘密の国のアリス
    それぞの暗号技術がなぜ必要なのか順序だてて説明されているので非常に頭に入りやすい。

    ・盗聴防止(機密性)
    →「共通鍵暗号」
    →鍵配送問題
    →「公開鍵暗号」

    ・改竄防止(正真性)
    →「一方向ハッシュ関数」
    →なりすましは検出できない

    ・なりすまし防止(認証)
    →「メッセー...続きを読む
  • 数学ガール/フェルマーの最終定理
    なんの知識もなくても付いてこれるように、うまくペース配分してくれているのでありがたい。とはいえ結局、自分の中で理解しきれたという実感はない…紙に書いて、じっくり向き合って、やっと分かるのだと思う。やり方がまずかったので、もう一度向き合い直したい。
  • 数学ガールの秘密ノート/微分を追いかけて
    少し抵抗のある私を、無理のない自然なペースで、やさしく手を引いて数学の世界に導いてくれる。そんな本が「数学ガール」だ。
    そこには楽しい世界が拡がっている。わくわくと、少し緊張の混じったどきどき。喜びと驚き。数学にまるで恋したみたいに、もっと知りたい、もっとのぞいてみたいと思えるようになる…
    この本を...続きを読む

特集