数学ガール/乱択アルゴリズム

数学ガール/乱択アルゴリズム

作者名 :
通常価格 2,090円 (1,900円+税)
獲得ポイント

10pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

確率とコンピュータの深くて不思議な関係とは? 「僕」と四人の少女が、乱択アルゴリズムの世界に挑む魅惑の数学物語。

累計10万部を突破し、数学書としては異例のベストセラーとなった「数学ガール」シリーズの第四弾です。
今回のテーマは、乱択アルゴリズムです。私たちは、乱数や確率を用いることで、未来への確定的な予測を行ったり、
複雑な解析をシンプルにすることができます。
本書では、こうしたランダムの力が生み出す世界を、純粋数学的な側面とプログラム的な側面の両方から解説し、
乱択アルゴリズムの理解を目指します。
コンピュータの得意な新入生リサが登場し、彼らの淡い恋に新たな進展も見られます。
シリーズの読者はもちろん、数学に関心のある読者に最良の一冊です。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
SBクリエイティブ
掲載誌・レーベル
数学ガール
ページ数
480ページ
電子版発売日
2014年03月14日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
172MB

数学ガール/乱択アルゴリズム のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年01月14日

    数学ガール4作目。
    過去3作読んでいるが、読むたびに高校生に戻りたいと思う。
    高校3年の「僕」の将来が毎回気になる。
    そしてリサが出てきても、やっぱりテトラ推しだな。

    ----
    数学Cまで高校で勉強したが、行列・ベクトルそれぞれは出てきたものの、それぞれと線形性が交わる部分は、ちょうど自分の世代で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月09日

    数学ガールシリーズ第4作。
    今回は更に新キャラクターが加わり、物語の方もますます充実。双倉博士の娘、赤毛のリサ。実際、今回の物語には欠かせないキャラクターではないだろうか。しかし...、主人公がますます羨ましい。

    学生時代は、さほど計算機関係に興味があったわけではなかったので、アルゴリズムや確率の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月09日

    昔学んだはずなのに結構忘れていて思わずノート片手に数式を書き連ねてしまった。テトラちゃんの存在は読み手としてもとてもありがたい。しかも、対話形式なのでわかりやすくなっていると思う。読むだけならそれほどでもないけど、ちゃんと数式を追いながら読んだら結構時間かかってしまった…けれども他のシリーズを思わず...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月17日

    「さっきの乱数表の話。<乱数表の数字を一つ書き換えても乱数表か?>」「うん?・・・別解?」「こういう答えはどう?<そもそも、乱数表というものは存在しない>」「ほう」「あるいはまた・・・<乱数表かどうか>という二者択一の問いがまちがっているのかも。<どの程度の乱数表か>というランダムさの度合いを評価す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月27日

    数学に対する心構えを教えてくれる本です。
    後半の9,10章はアルゴリズム系で手を出していないですが、その前章の行列や固有値、固有ベクトルの考えた方は、すごく基本的なことですが、
    対話形式で話している分、話の内容にも、のめり込めました。
    この本は買います。

    確実に乱択アルゴリズムは勉強しておいた方が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月04日

    最終的に乱択アルゴリズムを理解するために必要な知識を学生の対話形式にてわかり易く解説しています。
    450ページくらいありますが、物語風で書かれていることもあり、思ったほどのボリュームは感じずに一通り読むことが出来ました。
    (もっとも、出てくる数式を一つ一つ自分で手書きで書き起こして検証しようと思った...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月01日

    確率、順列、組合せ、O記法、行列と、本当に丁寧に分かりやすく書かれていました。

    難度のインフレーションについては、今回はさほどではなかったものの、第8章あたりから手ごわくなって第9章はストーリーを追ってしまい、数式は後回しの状況です(そのうち読み返すかなぁ)。

    そうそう。『ソフトウェアの品質...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月19日

    数学ガールの最新作。・・・って、発売からだいぶ経っているね。ようやく読み終わった。

    コンピュータのアルゴリズム系は大学院時代の専門だったことからもう、興味津々。本当に一行一行検証しながら読んでいったら、買ってから半年かかってしまった。

    丁寧に書かれていて、分かりやすく、なおかつ深い。

    業務系プ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月26日

    場合の数と確率のわかりやすい数学の読み物。高校時代に一度出会いたかった。場合の数からアルゴリズムの橋渡しが秀逸で、すんなりと頭にはいる。

    アルゴリズムとは手順であり、場合の数である。
    その最小が最適化することである。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月13日

    数学って孤独じゃないよね。
    勉強してると不意に1人だなと感じるけど
    真の意味では問題を解いてる私は孤独じゃない。
    テトラちゃんの考え方好きだ。感動した…

    個人的には色んなタイプの女の子と天然ジゴロな主人公って構図が少し苦手。でもこの本、その苦手感を忘れさせてくれるくらい扱ってる数学のトピックが魅力...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

数学ガール/乱択アルゴリズム に関連する特集・キャンペーン