数学ガール/ガロア理論

数学ガール/ガロア理論

作者名 :
通常価格 2,090円 (1,900円+税)
獲得ポイント

10pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

現代数学に大きな影響を与えたガロア理論とは? 「僕」と4人の少女が軽やかに解き明かす、魅惑の数学物語。エヴァリスト・ガロアに捧ぐ。

累計15万部を突破した「数学ガール」シリーズの第5弾です。
今回のテーマは、ガロア理論。
19世紀初頭、若き天才ガロアによって打ち立てられたガロア理論は、
現代数学のみならず現代科学のあらゆる分野に絶大な影響を与えています。
本書は、方程式の解の公式から、定規とコンパスの作図問題、それらを取りまく群と体の解説を経て、
ガロア理論への理解に向かいます。
これまでの本と同様、「僕」と4人の少女たちが大活躍します。
シリーズの読者はもちろん、数学に関心をもつすべての読者に最良の一冊です。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
SBクリエイティブ
掲載誌・レーベル
数学ガール
ページ数
472ページ
電子版発売日
2014年07月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
102MB

数学ガール/ガロア理論 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年07月16日

    とても良かった。論理の展開を追っていて、ワクワクやドキドキが止まらなかった!今まで理解していなかったガロア理論に一気に近づけた気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月22日

    数学ガールシリーズ第5弾。
    今回は、衝撃的な生涯を送ったエヴァレスト・ガロアが発見した代数方程式に関する理論がメインテーマ。そう言えば、ぼくも中学、高校の頃に、5次以上の方程式にはなぜ解の公式がないのだろうと疑問に思った事があったが、結局受験勉強が終わると、そう言う事は忘れてしまい、じっくりその問題...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月24日

    頭がほぐれる.気持ちが沸騰する.面白い.
    数学で「あっ!わかった!」ってなる感覚を連続で追体験する感じ.

    全体的には,数学8割にラノベ2割といった成分構成かな.
    数学の解説を,登場人物同士の会話で展開してて,しかも登場人物には
    ちゃんと思考のクセが設定されてるので,多方面の視点を自然に提供出来てい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月18日

    あみだくじを使った平易な例からガロアの第一論文まで、徐々に難しくなっていくから、何となくわかったような気にさせてくれる。前々からガロア理論のことは知りたかったので、このレベルで書いてくれるのは嬉しい。

    やっぱりガロアの人生は壮絶すぎる。20歳で、人生の半ばでその生涯を終えた天才。本当に心打たれる。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月17日

    "5次方程式の解の公式は存在しない。そしてその事実は、角の3等分の作図不可能性ととても似ている。" "角の3等分について考えるのは、そもそも<作図とは何か>を明確にする必要がある。ここでいう作図は<定規とコンパスのみを有限回実行する作図(=有理数から加減乗除と開平を有限...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月25日

    冬休み、予定以上に本が読めてる(^^)
    相変わらず読みやすいです。
    数学は、こうせつめいするっていうヒントをもらっています。こういう「ライトな理工学書」は大好きですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月17日

     シリーズ五作目。方程式が代数的に解けるための必要十分条件を見出したガロアの理論を,ガロアの第一論文に沿って見ていく。といっても本書の大部分は体の拡大とか群論といった準備に充てられている。
     理系の大学に行っても,数学をしっかりやらないとガロア理論なんてかすりもしないけど(自分がそうだった),そこに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月06日

    久しぶりに読んだ数学の本。読むたびに好きだと実感する。
    数学ガールは、いつもそこが知りたかったんだというところに言及している。今回の途中に出てきた基底と次元の話は非常にわかりやすかった。
    こんな風に数学について話せる仲間が羨ましいなとつくづく思う。


    再読時はもっと数学の理論をしっかり追おう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月26日

    読んでいて鳥肌の立つほどそそられる本でした。

    あみだくじにはじまり、角の3等分問題、作図可能性の問題、正規拡大体、正規部分群、ガロア理論、、、と非常に興味深いトピックを無理なく自然に、とてもわかりやすく記述しているのは、驚嘆に値します。

    おそらく著者自身が、これはどういうことなのか、ということを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月24日

    「数学ガール」シリーズの第5作。テーマはガロア理論。
    9章までは知っていた内容で特に詰まらず進んだが、ラスボスの10章ガロア理論はかなり難解。理解するのに苦労した分、と言ってはなんだが、現れた体と群の結びつき(対応)は非常に美しいと感じた。対応というのは例えば、ある補助方程式に関する体の正規拡大は方...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

数学ガール/ガロア理論 に関連する特集・キャンペーン