新版暗号技術入門 秘密の国のアリス

新版暗号技術入門 秘密の国のアリス

作者名 :
通常価格 3,240円 (税込)
獲得ポイント

16pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「対象暗号」「公開鍵暗号」「デジタル署名」「PGP」「SSL/TLS」など、現代を生きるすべての人が知っておきたい暗号技術の基礎を、たくさんの図表と平易な文章で解説し、読者の絶賛を博した前著の改訂版です。
改訂にあたっては、内容を最新のものに改めるとともに、読者の理解を助けるために、巻末付録「暗合技術確認クイズ」を追加しています。
図表を多用し、数式をできるだけ使用しない解説が中心なので、数学が苦手な人にも最適です。
企業セキュリティの担当者、技術者、プログラマはもちろん、暗号に関心のある一般読者にとっても、最良の1冊です。

ジャンル
出版社
SBクリエイティブ
ページ数
432ページ
電子版発売日
2013年12月13日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年03月20日

これは名著と言っていいと思う。
暗号のアルゴリズムや弱点など分かりやすく説明されている。
暗号を意識しなければいけない仕事をしているので知っている内容も多かったが、個人的にはブロック暗号のモードが特に勉強になった。
サイモンシンの『暗号解読』と併せて読んでおきたい一冊。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年12月18日

IPAの情報セキュリティスペシャリストを取得する際、どうにも問題集だと不安だったためセキュリティの書籍を探していました。
そのとき、著者の結城浩さんの書籍は何冊か読んで分かりやすかったので本書を手に取って購入しました。

暗号について非常に分かりやすくそれでいて結構ボリュームがあるため読み応えがあり...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月20日

400ページのなかなかボリュームのある暗号についての本。
全て読みきれるか不安だったが、暗号、認証、鍵、乱数、応用技術に至るまで一通り網羅されており、且つ理解し難い世界を、噛み砕いて説明されているので読破することができた。

表現方法も比喩も図も完璧であり、敬遠しがちな分野を学ぶことができたのもこの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年09月28日

HeartbleedやCCS Injection,そしてつい先日のbash脆弱性など,暗号からはやや遠いものを含めても,今年はソフトウェアのセキュリティインシデントが目立つ年だと思う.
この本を手にとったきっかけは,そのような出来事の目立つ年だったからである.不測の事態に対して,まずは基礎的な「暗号...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月23日

情報学部の学部生だった頃に読んだ。換字式暗号からRSAなどの公開鍵暗号までに一通り触れられていて、現代の暗号についての基礎的な知識を一通り学ぶことができた。

その後、研究室に入り専門的に暗号の研究をした際にも、この本の内容はそれなりに役に立った。

そんな思い入れもあり、暗号の世界から足を洗った今...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「新版暗号技術入門 秘密の国のアリス」に関連する特集・キャンペーン