「宇佐美まこと」おすすめ作品一覧

「宇佐美まこと」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/10/19更新

ユーザーレビュー

  • 愚者の毒
    ちょっしたことで知り合い、友情を深めていく二人の女性。
    早い段階でネタバレと思われる描写があるが、なぜそうならなければならないのか、どう繋がっていくの気になって一気読み必至。
    後半は、貧困、劣悪、過酷な環境の少年少女時代の話に戻る。
    これが大変つらい。読んでいて胸が締め付けられる。
    少年少女はただ一...続きを読む
  • 入らずの森
    「愚者の毒」と同じ作者だったので。

    怖かった。
    どこにも書いていなかったが、
    人ならずものが好むのは人の心の闇だと思い、
    それぞれ闇を抱える登場人物の誰が餌食になってしまうのだろうかと、
    怖かった。

    ホラーは好きではない。
    カバーによるとダークファンタジーというらしいが、
    昔の人殺しの話とつなが...続きを読む
  • 愚者の毒
    すごい読み応え!
    ストーリーも重厚なうえ
    ミステリーとしても完璧。
    まさかの展開に何度も驚かされた。

    なんにも悪くない
    むしろ誠実に生きている主人公達が
    犯罪を犯しつつ生き延びていく様は
    もどかしくも切なかった。
  • 愚者の毒
    壮絶な過去を持った葉子と希美が職安でひょんな事から知り合う。同じ匂いがする二人はお互いの存在で荒んだ心に必要な存在となって行く。希美の紹介で難波家の家政婦として葉子は亡くなった妹の子達也と住み込みで働くようになる。1965年の過去から1985年の葉子と希美の出会い…そして、現在…物語が明らかになるに...続きを読む
  • 熟れた月
    読者の「こわいもの見たさ」欲を湧き立たせることに長けた作者に、本作でも魅了された。社会の泥沼の底辺を這いずりまわるような汚れた人々も特別な人々じゃないという怖さ、自分もすぐその泥沼に落ちる可能性だってゼロじゃないという怖さ。そして「秩序は巡る」という怖さ、そして奇蹟。みごとにミスリードを交えながらそ...続きを読む