「宇佐美まこと」おすすめ作品一覧

【宇佐美まこと】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/05/02更新

ユーザーレビュー

  • 愚者の毒
    2015年の現在と、30年前と50年前の過去がカットバックしていくのですが、第一章と第二章で謎をばら撒き第三章で綺麗に解消する技巧が素晴らしいですし、不穏な空気が漂っているのになかなか物語の全容が見えない展開が読む意欲を掻き立てます。日本推理作家協会賞受賞も頷けるノアール小説の力作だと思います。
  • 愚者の毒
    ふとしたきっかけで出会い、親友となった二人の女性。彼女たちの過酷な人生に訪れた、穏やかで幸せな日々。だけれどそれは永遠には続くことなく、やがて事件が起こることは示唆されているので。なんともいえずつらい読み心地です。
    さらに、筑豊の廃坑集落で営まれるどん底の暮らし。これがまたとにかく重くてつらくて苦し...続きを読む
  • 愚者の毒
    過去と現在を行き来する密度の濃い重い中身。人物の正体や成り行きはうっすら予想できたものの、着地点が分からない面白さに嵌まってゆく。
    ノンとユウの場合、悲惨な生活から抜け出すために過ちを犯すが、それすらも生きる手段の一つだったように思えて何が正解だったのか読み終わっても答えが出なかった。大人が大人の責...続きを読む
  • 入らずの森
    たまたま見かけたホラー作品。ちょっとフリが長かったけど展開は良かった。映画化しやすそう。アイドル主演で。
  • 愚者の毒
    著者は初めて読むが、もとはホラー作家という。
    概ねオーソドックスなサスペンスミステリだと思うが、プロットの細部や物語を補強する背景設定が破綻なく緻密で、完成度がとても高くなっている。
    現在と過去とを相互に語っていくスタイルからは、大まかな結末が分かっていても、どんな展開になるのか、作者の企み通りにち...続きを読む