朱川湊人の一覧

「朱川湊人」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/02/01更新

ユーザーレビュー

  • 白い部屋で月の歌を
    第10回ホラー小説大賞の短編賞受賞作の表題作。

    白い壁、白い柱、白い床の何もない部屋。鈍い銀色の天井から巨大な鉗子で人を掴む…なんだこれは?と最初設定に不安を覚えたが読み進めるうちにすぐに解決。

    朱川さん、グロめホラーを書かれてもどこか品がある。やっぱりいいなと改めて感じた。

    表題作の他に「鉄...続きを読む
  • 無限のビィ上
    列車事故大惨事で知られる街で、信吾は知的障害を持つ弟を慈しみ守りながら元気に暮らしていた。だが、新しく赴任してきた水島先生の手に触れた日を境に、周囲で不可解な事件が続く。悲劇の連鎖はいつしか街全体を呑み込み…。

    国鉄戦後五大事故の一つ三河島事故をモチーフにしたSF作品。朱川湊人らしく昭和30年代の...続きを読む
  • 鏡の偽乙女 薄紅雪華紋様
    大好きな作家ですが、ここ数年読んだ作品にイマイチ気持ちが乗らず、しばらく遠ざけていました。しかし仕事で近代の新聞連載小説等の挿絵を見る機会が多く、積読の山の中にあった本作は大正時代の画家が主人公だからまさにピッタリで。久しぶりにこれが私の好きな朱川湊人だと思えました。

    この世に未練があるせいで成仏...続きを読む
  • 赤々煉恋
    表紙を見てホワイトかと思いきや、おもくそブラック。ホワイトもいいけど、朱川さんはやっぱりこうでないとね。
    お姫様を月の水で育てる「いつか静かの海に」が好き。
  • わくらば日記
    古き良き昭和を舞台にした、少し不思議なお話。
    お姉さんがもう居ないことが最初から語られているので、なんだか切ない。

特集