黒のコスモス少女団 薄紅雪華紋様

黒のコスモス少女団 薄紅雪華紋様

作者名 :
通常価格 1,584円 (1,440円+税)
紙の本 [参考] 1,980円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

これは、この世のことならず――。直木賞作家の浪漫あふれる大正怪異事件帖。大正時代の東京。画家を志す槇島風波は裕福な家を出て、風変わりな友人・穂村江雪華と同じ下宿に暮らしていた。天才的な画力を持つ雪華は、さまよう魂を絵で成仏させる不思議な力の持ち主でもある。巷では、何者かが一人歩きの婦女子を縄で縛り上げ、金品を奪う「鬼蜘蛛事件」が起きていた。妹の友達の護衛を引き受けた風波は、雪華とともに事件に巻き込まれ……(「鬼蜘蛛の讃美歌」)。「黒のコスモス団」と名乗る不良少女団に呼び出された風波。兵役忌避で故郷を飛び出した女ボスの幼馴染が、雪華に瓜二つだというのだが……(「黒のコスモス少女団」)。画業で結果を残さなければ家に戻ると、父親と約束してしまった風波。友人である鬼才の画家・平河惣多も、恋から身を持ち崩していた。そんな時、巨大な災害が日本列島を襲い……(「白い薔薇と飛行船」)。変わりゆく帝都で、友と交わり夢を追い怪に惑う青年たち。彼岸と此岸をつなぐ大正怪異事件帖、第二弾。【目次】第一段 鬼蜘蛛の讃美歌/第二段 汝、深淵をのぞくとき/第三段 黒のコスモス少女団/第四段 幽鬼喰らい/第五段 銀座狼々/第六段 白い薔薇と飛行船

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文芸単行本
ページ数
312ページ
電子版発売日
2015年12月25日
紙の本の発売
2015年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

黒のコスモス少女団 薄紅雪華紋様 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年02月11日

    物悲しく切ない雰囲気ただよう連作短編集でした。

    一冊目を読んだのが、おそらく3、4年前だったので記憶を探りながら読みました。
    大正時代と言われてもなかなか雰囲気や暮らしぶりと言ったものが想像しにくいと個人的には感じるのですが、前作と同じように雪華や主人公の生きた時代、彼らの見たもの感じたもの、運命...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月30日

    連作短編6編
    「みれいじゃ」という哀しい存在になりたいという破天荒な画家惣多を見つけてしまう風波.なんとも言えない気持ちになった.1話1話話が進むうちに,時が過ぎ事情も変わり,いつまでも青春をしていられなくなる.
    雪華の過去が少しわかりかけてきたので,次巻が出ると信じてます.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月09日

    薄紅雪華紋様シリーズ2作目。
    朝でも昼でも夜でも、まるで逢魔時のような妖しさ。
    前作に比べて衝撃は少ないけれど、ピタっと吸い付くような何とも言えない落ち着き、なれ合った感じが良い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月24日

    大正時代の東京。画家を志す槇島風波は裕福な家を出て、風変わりな友人・穂村江雪華と同じ下宿に暮らしていた。
    天才的な画力を持つ雪華は、さまよう魂を絵で成仏させる不思議な力の持ち主でもある。巷では、何者かが一人歩きの婦女子を縄で縛り上げ、金品を奪う「鬼蜘蛛事件」が起きていた。
    妹の友達の護衛を引き受けた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月27日

    「鏡の偽乙女」の続巻。前巻の冒頭にもあったので、風波と雪華の別離が訪れるのだろうな。その時雪華の正体が分かるんだろう。知りたいけど知りたくない。
    この二人の掛け合いが面白くて、声を出して笑ってしまう。「みれいじゃ」の三郎も
    いい奴だし、西塔も(憎まれ役?)好きだな。惚多が残念なことになってしまうが。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月26日

    シリーズ2作目。1作目のほうが、もっと不可思議感があって、好きだったなぁと・・・ 。そういう部分での物足りなさはちょっとあるんですけど、この時代の持つ雰囲気やどことなく哀愁漂う感は変わらずで、その辺は今作もよかったです。風波の事情も変わり、これから、絵のことや雪華との関係など、どうなるのでしょう。続...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月13日

    画家を志す青年、槇島風波。彷徨う魂を己の絵で成仏させる天才画家、穂村江雪華。闇に浮かぶ幽鬼、死してなお現世に留まる未練者…。大正の東京を舞台に描く怪異幻想譚、第2弾。

    1作目を読んだのは4年半前。面白かった記憶があるし、本ブログには「続編を期待したい」と書いてあった。にもかかわらず記憶が怪しく、「...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月12日

    あ、これ第二弾だ。
    そういや、第一弾も読んだ、読んだ(ただし遠い記憶、2011年1月に読んでいた)。
    古めかしい時代(大正時代)に味があり魅力的。
    娯楽が今ほどある時代ではなかっただろうし、友人と連れなって散歩したり、人のことを心配して駆けつけたりしていたんだろうな、人間味があっていいな。
    今じゃ、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月26日

    薄紅雪華紋様シリーズ第2弾。前作のレビューで「もしかすると続きがあるのかも」と書きましたが当たりました。5年かかったけど(笑。朱川作品にしてはけったいさが希薄で物足りませんでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月21日

    【収録作品】第一段 鬼蜘蛛の讃美歌/第二段 汝、深淵をのぞくとき/第三段 黒のコスモス少女団/第四段 幽鬼(オニ)喰らい/第五段 銀座狼々/第六段 白い薔薇と飛行船

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文芸単行本 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング