ケント・ギルバートのレビュー一覧

  • マスコミはなぜここまで反日なのか

    偏向報道の背景が良くわかる

    日本のメディアが戦後にGHQの方針や価値観を受け入れて自主的に検閲に協力していったことが、現在のメディアのふるまいつながっているのがよく分かる。アメリカが信じるメディアの公平性をアメリカが日本で歪めてしまって、それを著者のようなアメリカ人が日本の書籍で解説しているのは非常に皮肉である。今のメディアが...続きを読む
  • 日弁連という病
    北村晴男弁護士とケント・ギルバート弁護士の対談本。

    日常生活をしていて知ることのない日弁連の実態について興味深く知ることができる。
    メディアで「日弁連会長が表明した」内容が必ずしも日弁連に所属する弁護士の総意ではないこと。寧ろ、ごく一部の会員の意見であるのに驚く。

    政治的活動を日弁連の名で行うこ...続きを読む
  • 米国人弁護士だから見抜けた 日弁連の正体

    日本の司法の闇

    一部ご紹介します。
    ・「日本弁護士連合会」(日弁連)という団体名を使って、つまり、日本の全ての弁護士が参加する組織の信用を悪用して、現実社会では少数派であるにもかかわらず、自分たち少数派のイデオロギーを日本国内で実現しようと活動を続ける者が、日弁連のなかに確実にいる。
    ・従って、日弁連が発表する...続きを読む
  • 日弁連という病

    必読

    一部ご紹介します。
    ・日本弁護士連合会(日弁連)の最大の罪は、現在の日韓関係の悪化に、朝日新聞とともに決定的な役割を果たしたことだ。朝日新聞が慰安婦問題を捏造し、日弁連が国際問題に仕立てあげた。
    ・日弁連の改革は、内部からは不可能だ。政治家に動いてもらって、国会で、弁護士法を改正するしかない。
    ...続きを読む
  • 世界は強い日本を望んでいる - 嘘つきメディアにグッド・バイ -
    世界は強い日本を望んでいる - 嘘つきメディアにグッドバイ。ケント・ギルバート先生の著書。世界は強い日本を望んでいるといっても、それは国によって違うのかも。昔戦争で日本に迷惑をかけられたアジア諸国は強い日本を望んではいないだろうし。ただメディアは高慢な姿勢で自分たちの意見を上から目線で押し付けて、嘘...続きを読む
  • 世界に誇れる明治維新の精神
    アメリカ人の立場からみた明治維新を通して、日本人の良い面を称賛しているだけではなく今の日本人に対して耳が痛くなるような苦言も呈している。 
    そして何故こうなったのか原因を分析しどう対処すればよいのかの助言もしっかり書かれている。

    今が日本人が自虐史観をはねのけ憲法を改憲し今までのように中韓にやられ...続きを読む
  • 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇
    ケント・ギルバート氏による中国と韓国の批判本。記述が詳しく、根拠まで詳細に記している。よく調べていると思う。説得力ある。以前、サンデーモーニングに出ていた時は、左翼的発言が多かったように思うが、今は全く逆で真っ当な発言をしている。参考になった。
    「文化大革命のおかげで、儒教の中心となる「仁義礼智信...続きを読む
  • 日本人だけが知らない本当は世界でいちばん人気の国・日本
    ■草莽崛起
    ・「草莽」とは「草むら」の意,転じて「草の根の人々」,すなわち「民間の人々」
    ・「崛起」とは「急に起き立つこと」「抜きんでること」
    ・合わせて「草莽崛起」とは「民間に遭って地位や名誉を求めず,国家の危機には使命感や志を持って立ち上がる人々」といった意味合いになる
  • 世界に誇れる明治維新の精神
    ★5.0(4.00) 2018年6月発行。日本人ではないアメリカ人がここまで日本のこと、日本人のことを調べ上げ、しかも日本語での完璧な文章、脱帽ですね。それも日本人でないからこそ、外から見た日本を、率直に公平に評価。また、日本人では思いつかないような発想で、明治維新の志士たちの想いを汲み、現代の日本...続きを読む
  • 米国人弁護士だから見抜けた日本国憲法の正体
     外国人タレントで弁護士でもあるケント・ギルバートが、アメリカ人の視点から日本国憲法を語った一冊。日本人の間だけでの議論では浮き彫りにならなかったであろう、日本人の長所や特徴、歴史観も相対化して語られており、その点は新鮮に感じた。筆者は日本国憲法の成り立ちや周辺諸外国の実情を鑑み、戦争の放棄を定める...続きを読む
  • いい加減に目を覚まさんかい、日本人!――めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮
    ★4.8 これほど素晴らしい対談本は久しぶりだ。平和ボケしている日本、韓国・中国に歴史を捏造されても国際社会に何も発信しない日本、戦後の米国によるWGIP(War Guilt Information Program)による自虐史観教育に洗脳され続ける日本、そのWGIPに洗脳されたマスゴミ、特に酷いの...続きを読む
  • 東京裁判をゼロからやり直す
    特に新しい話はないが、やっとこういう当たり前のことを普通に言えるようになったのは感慨深い。でもやっぱりマスコミを何とかしないと。
  • いい加減に目を覚まさんかい、日本人!――めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮
    日本国憲法はいまだに残る最大の不平等条約であるという指摘に納得。目を覚まさなくていいからいなくなってくれればいい。
  • 日本人は「国際感覚」なんてゴミ箱へ捨てろ!
    日本在住40年近いケント・ギルバートさんが日本人に向けた政治、経済、憲法、国民性、沖縄問題等について強烈なメッセージが書かれております。この本で著者が書かれている通り、「日本人以上に日本人らしい」という言葉は在日外国人の方に対し大変失礼な表現ですが、日本及び日本を取り巻く環境の事を考えられていると感...続きを読む
  • 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇
    少し乱暴な言葉が多いけど、概ね正しいことが書いてあると思います。
    確かに、中国や韓国から出てくる、明らかな嘘の情報を、鵜呑みにしている日本人もまだ結構いるのかな?
    じゃあ我々はどうしたら良いのか、というのは難しいですが、最後に触れられていた、最近は海外でも中国や韓国の主張に疑問を抱く人が増えてきた、...続きを読む
  • ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人
    アメリカの愛国心とは違うかもしれないが、日本に誇りを持っています。詫びサビや一歩ひくこと、和を大事にすることなど愛すべき国民性です。
  • ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人
     日本を深く理解したいと努力してきた著者が日本人が持つべき誇りと気概をつづった作品。

     戦後20数年後に生まれた自分はまさに戦後の自虐史観の洗脳を受けた世代であり、この文章を読めたことにとても感謝しています。

     特に最近は昭和の時代にとても興味というか、もっと勉強しなければ今の時代はないと思って...続きを読む
  • 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇
  • やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人
    知らないことがいっぱいで目からウロコが落ちてばかり。不勉強でごめんなさいとしか言えない…

    よく知らない物事に関して根拠や知識もないのに自分の意見を述べる資格はないと思って特に何派とか主張はしないんだけど、だったら勉強しろやって話ですよね、すみません。外国人の方が日本のことをよく知っているとか恥ずか...続きを読む
  • 素晴らしい国・日本に告ぐ!
    ナニー・ステートやポリティカル・コレクトネスの問題点を序盤語っていたかと思うと、後半はお決まり韓国批判。しかし、その手の本の中では、視座が米国に置かれているのが面白い。テキサス親父ことトニーの口語体の訳され方がポップな雰囲気を出し、ケント・ギルバートが紳士的に纏める。この掛け合いは政治漫談の風情。
    ...続きを読む