米国人弁護士だから見抜けた日本国憲法の正体

米国人弁護士だから見抜けた日本国憲法の正体

作者名 :
通常価格 902円 (820円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

安倍首相のロードマップにより、憲法改正は国民にとって最大の争点となるだろう。日本人よりも日本の歴史と政情に精通した米国人弁護士が、日本国憲法の出生秘話や世界の憲法事情を踏まえて改憲論争の核心を語る。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川新書
電子版発売日
2017年06月10日
紙の本の発売
2017年06月
サイズ(目安)
3MB

米国人弁護士だから見抜けた日本国憲法の正体 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年11月03日

    日本国憲法の出自については、日本人がいままでに縷々説明してきたところである。
    この本は、縁あって日本に来て、日本をこよなく愛するアメリカ人、それも法律の専門家が書いた日本国憲法に関する本だ。
    憲法学者のただ単なる解釈の為の解釈は、辟易していたところだ。
    人間が創る・また創ってきた歴史は、動態的に、ま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月31日

    ◆昔、大学で習った日本国憲法の制定史で忘れていたことを思い出した。日本国憲法案を作られた際(1946年2月)に、国連常設軍構想があり、国連軍が紛争を抑止し、侵略戦争がおきても直ちに国連軍が対応できる。だから普通の加盟国は自衛権すら必要ないという理想論があった。しかし結局は意見がまとまらず国連軍に関す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月20日

    最近ケントさん、新刊のペースが早い。

    憲法と、日本国憲法についての考え方がよくわかる。
    日本のガクシャは、現状肯定と肯定するための解釈しかヤンないのは学生の時からぼんやり感じていた。

    倉本さんの本もそうだったが、そもそも、どういう国にしたいかっていう議論をしないといけないのだ。
    ま、同じ顔して、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年06月08日

     外国人タレントで弁護士でもあるケント・ギルバートが、アメリカ人の視点から日本国憲法を語った一冊。日本人の間だけでの議論では浮き彫りにならなかったであろう、日本人の長所や特徴、歴史観も相対化して語られており、その点は新鮮に感じた。筆者は日本国憲法の成り立ちや周辺諸外国の実情を鑑み、戦争の放棄を定める...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています