アメリカ人だから言えた 戦後日本教育の不都合な真実

アメリカ人だから言えた 戦後日本教育の不都合な真実

作者名 :
通常価格 947円 (861円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

GHQと日教組の「洗脳」で隠された
中国人・韓国人が嫉妬する 日本人の「本来の強さ」とは?

日本人は「みにくいアヒルの子」ではなく、世界に羽ばたく「美しい白鳥」なのです。-ケント・ギルバート

■やっと「洗脳教育」のウソに気づいた日本人
アメリカ・トランプ大統領、ロシア・プーチン大統領、中国・習近平国家主席、北朝鮮・金正恩国務委員長など、強力なトップリーダーたちに国際情勢が翻弄されるなか、日本の国会は安倍晋三総理をめぐるスキャンダルの追及で機能不全状態に陥っている。なぜ、日本人はみずからの国益を損ねるような行動に奔るのか。その原因は、GHQによる「WGIP」と、それを悪用したリベラル勢力によって歪められた学校教育の構造的問題にある。日本在住40年のアメリカ人弁護士が、日本人が本来の強さを取り戻すための方法を熱く語る。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 政治
出版社
イースト・プレス
掲載誌・レーベル
イースト新書
電子版発売日
2018年07月05日
紙の本の発売
2018年06月
サイズ(目安)
1MB

アメリカ人だから言えた 戦後日本教育の不都合な真実 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年07月25日

    文字通りアメリカ人弁護士のケント・ギルバートが唱える戦後日本教育について。

    基本的にはWGIPと呼ばれるもので日本は徹底的に反戦教育で骨抜きにされたというこれまで通りの内容だが、アメリカの教育との比較文化論が面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

イースト新書 の最新刊

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング