ケント・ギルバートの一覧

「ケント・ギルバート」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/01/14更新

ユーザーレビュー

  • マスコミはなぜここまで反日なのか

    偏向報道の背景が良くわかる

    日本のメディアが戦後にGHQの方針や価値観を受け入れて自主的に検閲に協力していったことが、現在のメディアのふるまいつながっているのがよく分かる。アメリカが信じるメディアの公平性をアメリカが日本で歪めてしまって、それを著者のようなアメリカ人が日本の書籍で解説しているのは非常に皮肉である。今のメディアが...続きを読む
  • 日弁連という病
    北村晴男弁護士とケント・ギルバート弁護士の対談本。

    日常生活をしていて知ることのない日弁連の実態について興味深く知ることができる。
    メディアで「日弁連会長が表明した」内容が必ずしも日弁連に所属する弁護士の総意ではないこと。寧ろ、ごく一部の会員の意見であるのに驚く。

    政治的活動を日弁連の名で行うこ...続きを読む
  • 米国人弁護士だから見抜けた 日弁連の正体

    日本の司法の闇

    一部ご紹介します。
    ・「日本弁護士連合会」(日弁連)という団体名を使って、つまり、日本の全ての弁護士が参加する組織の信用を悪用して、現実社会では少数派であるにもかかわらず、自分たち少数派のイデオロギーを日本国内で実現しようと活動を続ける者が、日弁連のなかに確実にいる。
    ・従って、日弁連が発表する...続きを読む
  • 日弁連という病

    必読

    一部ご紹介します。
    ・日本弁護士連合会(日弁連)の最大の罪は、現在の日韓関係の悪化に、朝日新聞とともに決定的な役割を果たしたことだ。朝日新聞が慰安婦問題を捏造し、日弁連が国際問題に仕立てあげた。
    ・日弁連の改革は、内部からは不可能だ。政治家に動いてもらって、国会で、弁護士法を改正するしかない。
    ...続きを読む
  • 世界は強い日本を望んでいる - 嘘つきメディアにグッド・バイ -
    世界は強い日本を望んでいる - 嘘つきメディアにグッドバイ。ケント・ギルバート先生の著書。世界は強い日本を望んでいるといっても、それは国によって違うのかも。昔戦争で日本に迷惑をかけられたアジア諸国は強い日本を望んではいないだろうし。ただメディアは高慢な姿勢で自分たちの意見を上から目線で押し付けて、嘘...続きを読む