いよいよ歴史戦のカラクリを発信する日本人

いよいよ歴史戦のカラクリを発信する日本人

作者名 :
通常価格 1,400円 (1,273円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

GHQが日本に残した負の遺産については、昨年と今年に出版した拙著『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』『やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人』(ともにPHP研究所)で述べてきましたが、本書はそこからさらに一歩進んで、日本社会にはびこった左翼、とくに共産主義や、それにかぶれた反日サヨク思想が無自覚のままに、どれだけ優秀な日本人のDNAを食い荒らし、伝統的な精神や文化的価値観を破壊してきたかに注目しつつ、その陰で暗躍してきたメディアがいかに胡散臭い存在であるかという事実を明らかにします。また、「スパイ天国」たる日本の現状と、日本人が今後の歴史戦、情報戦に勝利するための、少しばかりの提案を披露させていただきたいと思います。かなり蚕食されてしまった状況ですが、いよいよ本格的に、反撃、発信しようではありませんか。(ケント・ギルバート/「まえがき」より抜粋)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
PHP研究所
ページ数
240ページ
電子版発売日
2016年08月19日
紙の本の発売
2016年08月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

いよいよ歴史戦のカラクリを発信する日本人 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年02月23日

    熱い本だ。

    しかも正しい。

    NHKによる「真実はかうだ」の検証番組は是非やってほしい。

    著者がPRCと呼ぶのは正しい。あれは共産中国だ。

    しかし、平和を願っていれば平和が保たれるという幻想はどこから来るのか。
    自分の国は自分たちで守るしかないではないか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月14日

    WGIPと暗躍する共産コミンテルン、利用してきたというか、すっかり頭ウニになって、ウニを増やしている教育、法曹、マスコミ。

    いろいろと感じている実感に合う。

    だから余計に一面的な見方にならないようにとは思うが、異様にお人好しな日本はこの先どうなるのだろう。

    一番の問題点は本のタイトルで、どうい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月20日

    ケントさん、軸がぶれてないところはすごい。また、トランプ大統領を予測したかのようなコメントもあった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています