日本を貶め続ける朝日新聞との対決 全記録

日本を貶め続ける朝日新聞との対決 全記録

作者名 :
通常価格 1,324円 (1,204円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

・教科書「書き換え」誤報(1982)、サンゴ捏造記事(1989)、吉田清治証言(1982~92)、慰安婦と挺身隊混同(1991)、首相訪韓直前「軍関与資料」報道(1992)、吉田調書(2014)、英語版記事の印象操作・検索回避問題(2018)......一貫して日本を貶め続けてきた

・朝日新聞との7回の直接対話で見えてきた“真の闇”とは?

・なぜ誤解を生む表現にこだわり、最重要の訂正記事2本だけを英語圏の読者に読ませないようにしたのか?


「本書所収の朝日新聞の回答は、同社の本質を研究する上での第一級資料です。日本という国と日本人を貶(おとし)めるためなら、手段を選ばず、不都合な問題を隠し通す。これまで幾度も同じパターンの報道不祥事を起こしてきた故意犯・確信犯の体質が、彼ら自身のことばで余すところなく語られています」(「はじめに」より

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 政治
出版社
飛鳥新社
ページ数
240ページ
電子版発売日
2018年12月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

日本を貶め続ける朝日新聞との対決 全記録 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月17日

    思った以上にいい本だった。
    内容は、もう十分に広まっている。某新聞社の欺瞞と自己愛と傲慢についてなのだが、20ページ以上が質問状とそれへの回答が載せられている、いわばこの先、日本が某国日本自治区に吸収され、歴史が改変され、かの新聞社が自治区最高の言論誌だと評価されようが、一次資料として扱われるべき一...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています