中韓がむさぼり続ける「反日」という名の毒饅頭

中韓がむさぼり続ける「反日」という名の毒饅頭

作者名 :
通常価格 1,210円 (1,100円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

中華人民共和国の建国以来、周辺地域の人民はもちろん、同胞に対してさえ恐るべき殺戮と人権蹂躙を繰り返してきた中国共産党。その黒歴史を隠蔽し、人民に「反日」という名の毒饅頭を与えながら民主化を封じ込め、独裁体制の基盤を築いた習近平の企みに、日本が立ち向かう術を著者は冷徹に説く。また、中共に操られ、それでも日米との間をさまよいながら「反日毒饅頭」を糧に歴史戦を仕掛けてくる韓国・文在寅政権に対しては、「彼らにとって反日は快いのだろうが、思考停止に陥り、さまざまな弊害が身に及んでいることに気づくべきだ」と指摘する。緊迫する北朝鮮情勢も踏まえて、アメリカ人の立場から中韓との付き合い方、突き放し方を的確にアドバイスする会心の書。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 国際
出版社
悟空出版
ページ数
240ページ
電子版発売日
2017年12月15日
紙の本の発売
2017年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

中韓がむさぼり続ける「反日」という名の毒饅頭 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年05月03日

    シナは国ではない。それは昔から変わっていない。
    一部の貴族層による搾取階級と、搾取対象である人民。確たる亀裂がある。
    搾取対象が、共産主義より資本主義である方が上がりが大きい方が良い。
    その、搾取対象のエリアをできれば全世界に広げようとしている。

    反日はシナにとっては戦略だが、韓国にとっては寄って...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています