世界は強い日本を望んでいる - 嘘つきメディアにグッド・バイ -

世界は強い日本を望んでいる - 嘘つきメディアにグッド・バイ -

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

◆やればできるぞ日本!ギャフンといわせろ日韓・日中関係!
◆日本が世界に期待されていることを正しく知るべき!!
◆トランプの真の姿を伝えないマスメディアの情報をうのみにすると日本の針路を見失う!
◆メディアがまともになれば日本は世界一になる

・「情報に弱い」は現代日本人の罪
・国を弱体化するのは「情報弱者」
・正しい情報で日本の国益を守ってほしい!
・アメリカのメディアでさえ、今や瀕死の状態
・トランプ大統領が選ばれた理由を知ってほしい
・「戦争したいから軍備する」理論の浅はかさ
・もっと正しく議論すべき「ジャパン・ファースト」
・朝日が見習うべきジャパンタイムズの改心
・日本経済は未だ復活途上であるという事実
・韓国は日本がうらやましくて仕方ない
・だから日本人にはわからない…被害者でいたい韓国


【著者プロフィール】
ケント・ギルバート
1952年、米国アイダホ州生まれ、ユタ州育ち。
70年、米ブリガムヤング大学に入学。翌71年モルモン宣教師として初来日。
経営学修士号(MBA)と法務博士号(JD)を取得したあと国際法律事務所に就職、企業への法律コンサルタントとして再来日。
弁護士業と並行し、83年、テレビ番組『世界まるごとHOWマッチ』にレギュラー出演し、一躍人気タレントとなる。
2015年、公益財団法人アパ日本再興財団による『第8回「真の近現代史史観」懸賞論文』の最優秀藤誠志賞を受賞。
読売テレビ系『そこまで言って委員会NP』、DHCテレビ『真相深入り!虎ノ門ニュース』などに出演中。
著書に『リベラルの毒に侵された日米の憂鬱』(PHP研究所)、『米国人弁護士だから見抜けた 日弁連の正体』(扶桑社)などがある。

ジャンル
出版社
ワニブックス
ページ数
256ページ
電子版発売日
2019年09月25日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

    Posted by ブクログ 2019年09月28日

    世界は強い日本を望んでいる - 嘘つきメディアにグッドバイ。ケント・ギルバート先生の著書。世界は強い日本を望んでいるといっても、それは国によって違うのかも。昔戦争で日本に迷惑をかけられたアジア諸国は強い日本を望んではいないだろうし。ただメディアは高慢な姿勢で自分たちの意見を上から目線で押し付けて、嘘...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています