友麻碧のレビュー一覧

  • 浅草鬼嫁日記 あやかし夫婦は今世こそ幸せになりたい。
    「俺たちの魔王は〜」(メイディーア)と結構似た感じ。和風に直してあるようなもの(?)だった。手毬合羽が出てくる分こっちの方が癒し成分を配合していますね笑
  • かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。(5)

    大好きな作品だけに…

    この漫画をきっかけに原作を読んで、とても好きになった作品です。出てくるお料理は素朴ながら昔から愛される料理ばかりで真似して家で作ることも…。実生活でも役立つ面白い作品。

    なのに…。和膳が出てくる時のご飯とお味噌汁の位置が逆です。葵の性格なら絶対に間違えないと思うのに…。古き良きを大切にしている...続きを読む
  • 浅草鬼嫁日記 五 あやかし夫婦は眷属たちに愛を歌う。
    読み終わりました。
    人魚と人間の夫婦との出会う場面。
    真紀が薬によって小さくなってしまう…!?
    相変わらず破茶滅茶だけど
    長年夫婦で安定した関係だったけれど
    人間らしい付き合いたてに戻った感じ。
    なんかこれまた良きでした。
  • かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。
    下種でろくでもないとないと評判の祖父が死んだ。
    あやかしが視える主人公は一人に…と思ったら
    連れ去られ、何と花嫁に、とふざけた事を言われる。

    お弁当を渡しただけが、連れ去られたあげく嫁。
    混乱して、うっかり返答しなかっただけでも
    よくやった! という感じです。
    人間という事で文句が出ているのに、さ...続きを読む
  • 鳥居の向こうは、知らない世界でした。 癒しの薬園と仙人の師匠
    気が付けば、異世界にいた主人公。
    そこで手に入れた、自分の大事な場所。

    世間では昔の恋人の子供、という位置の主人公。
    しかも今の妻は、母と父の同級生であり、友人であり…。
    ものすごく、噂話になりそうな状態です。
    弟と妹という存在もいますし、今妻がぴりぴりするのも
    分かる気がします。
    が、存在はとも...続きを読む
  • かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。(4)

    うーん…

    絵も綺麗だし、食べ物も美味しそうだし話しの進みもまあまあ…
    だけど大旦那さまも葵も何考えてるかよくわからないし、胸きゅんするような楽しみは ほぼ無い。
    続きはまあ気になるけど、出たら即買いするかと言われたら別かなー。
  • かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。
    なんとなく買ってみました。平積みだったので。
    待ち時間にすぐ読めた。まさにライトなノベル。

    プロットをそのまま文章にして並べたみたいな印象で、多少ぎこちなさを感じました。
    面白いかそうでないか、と言われればまだ正直よくわかりません。
    文がこなれて、よりなめらかになったら読みやすく面白さを感じられる...続きを読む
  • 鳥居の向こうは、知らない世界でした。 癒しの薬園と仙人の師匠
    20170303
    綺麗な装丁に惹かれて手に取って購入。
    あらすじから読み取れるよりも丁寧な物語。

    誰もがみんな、傷を隠して生きている。

    花南のお母さんが綺麗にお手入れしていた爪を切って、
    “お母さんの手”になって、花南の頬を撫でる。
    じんときた箇所はいくつかあったけれど、
    こういう細かい描写が丁...続きを読む
  • 浅草鬼嫁日記 あやかし夫婦は今世こそ幸せになりたい。
    あらすじ読んで興味があったので購入。
    酒呑童子とかぬらりひょんとか妖怪系のお話は結構ツボ。
    読みながら、妖怪のこと検索したりするのが楽しかった。
    次巻出て欲しいと思う。

    他の眷属の妖怪たちのお話も是非!
    次巻期待してます〜◎
  • かくりよの宿飯 二 あやかしお宿で食事処はじめます。
    【収録作品】第一話 あやかしたちと銀天街/第二話 カマイタチのお庭番/幕間【一】/第三話 夕がおの行方/第四話 大旦那様と雨散歩/第五話 座敷童の迷子/第六話 白沢のお帳場長/第七話 異界珍味市/幕間【二】/第八話 妖老夫妻の結婚記念日/幕間【三】/第九話 あやかしたちと七夕まつり
  • かくりよの宿飯 三 あやかしお宿に好敵手きました。
     初登場キャラクターが少なくて、そのキャラにスポットが当たってるからの面白さか。1作目2作目は説明に追われ、登場人物がわさわさでてにぎやかだけれども慌ただしいのについて行けなかったのかなぁと。

     続編が続くようで喜ばしい。1作1作がゆっくり書き進められるといいなぁと思う。
  • かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。
    祖父に先立たれ天涯孤独となった少女が「あやかし」の世界である「隠世」に引きずり込まれ、借金のカタに鬼の花嫁になる話。フリーの乙女ゲーだと思えば楽しめる……かも。

    作家として日本語が十分なレベルに達していないのか、構成が良くないのか、違和感を感じる。主人公の台詞に「~」の記号が出てきた時点で嫌な予感...続きを読む
  • かくりよの宿飯 二 あやかしお宿で食事処はじめます。
    シリーズ2作目。
    だんだん周囲と馴染んでいく葵の姿が微笑ましい。前作で連れてきた河童も可愛い。癒される。驚きの出会いあり、嬉しい出会いあり、おいしいごはんいっぱいの一冊。
    でもなにやら不穏な空気が漂い始め、これから一波乱ありそうな雰囲気。。
  • 鳥居の向こうは、知らない世界でした。 癒しの薬園と仙人の師匠

    ん~~

    設定自体は悪くないし、主人公も可愛らしくて良いのだけれど 最初に異界に行くきっかけがウサギのためか、和洋中プラス現代と近世がごちゃ混ぜになった感が否めなく なんか読んでいる途中途中でしっくりきませんでした。「こういった世界観です」と言われてしまえばそれまでなのですが。
  • かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。(1)

    にわかっぽい

    ストーリーは最近流行の異世界+料理と少女マンガでよくあるイケメン妖怪で流行り要素詰め込んだ感じで好きな人は好きだと思うんだけど料理とか色々基本が出来てなかったりで料理漫画なのに気になる箇所がでてきてにわか臭が漂う漫画。小説は見たこと無いけど漫画だと取敢えず食べ物と美味しそうに食べて褒めてる部分描いと...続きを読む