水生大海の一覧

「水生大海」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/05/22更新

ユーザーレビュー

  • きみの正義は 社労士のヒナコ
    前作の「社労士のヒナコ」に続き、待望の続編「きみの正義は 社労士のヒナコ 」が発売され、少し時間が経過してしまったが、やっと読み終えた。

     前作から少し成長した「社労士のヒナコ」が、悩みながら、事務所スタッフ等との連携で労働問題を解決する。また、国の労働法制の変化にも対応した内容も多く、人事、総務...続きを読む
  • 夜更けのおつまみ
    このサイトで著者を見ると勘違いする人もいると思うが、これは、おつまみについていろんな作家さんが書いたアンソロジーである。
    どれも私にぴったりで、最後まで楽しく読めたし、つまみの参考にもなった。
    あまり手の込んだものつまみは出てこず、なかにはコンビニつまみランキングなるものもあり、かなり参考になった。...続きを読む
  • 宝の山
    最後まで読んでタイトルの意味が解りました。ずっと周りに合わせ、大人しく自分を殺してきた希子。婚約者の竜哉の上から目線と、田舎特有の噂好きが辟易しましたが、ブロガーの失踪により徐々に強くなっていけて良かった。謎の一家の息子・耀の機転の早さも、希子には強い味方になっていて、竜哉との対峙は爽快でした。
  • 冷たい手
    過去の出来事から生まれた冷たい手にずっと苦しめられてきた朱里。苦しんで苦しんで最後の最後にタイトルが沁みてくる。
    それにしても狂った人間の考え方には恐怖を抱く。これはトラウマになるし、考え方、行動に影響が出て上手くいかなくなる悪循環が起こるのも無理はない。でも他人事でいられるとは限らない。いつ理不尽...続きを読む
  • 最後のページをめくるまで
    ブラックな読み心地のミステリ短編集。タイトル通り、最後のページでどん底に突き落とされる感じがイヤミス好きにはたまりません。最後の最後まで気が抜けない一冊。
    お気に入りは「わずかばかりの犠牲」。この顛末は想像もしていませんでした。タイトルの意味ががーんと重くのしかかります。いや、たしかにわかるけどさあ...続きを読む