冷たい手

冷たい手

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

雨の音が聞こえる。冷たい手が伸びる――。アパレル店員として働く朱里には、隠し続ける「あの日」の過去があった。「あの日」が近づき、同じ過去を共有する典子が婚約の報告に訪れた。しかしその一か月後、典子は何者かに殺害されてしまう! 典子を殺したのは誰か。「あの日」に何があったのか。複雑に絡み合う真実の末に潜むのは、衝撃のラスト――!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2019年03月22日
紙の本の発売
2019年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

冷たい手 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月25日

    最初、全然昔の話をされないまま始まるからめちゃくちゃ気になる。女2人とカップルの話が交互に出てきて、登場人物がごちゃごちゃになるかと思いきや全然ならない。と思ったらキャラの濃いおばさんくる。サブキャラにしては目立つな〜と思ってた!途中で「え、まさかこの人が?」と思ってたのがまたひっくり返されて、予想...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月21日

    主人公はわずか30年ほどの人生だが、どれだけ長い辛い暗いものだったか想像も難しい。現実的でもあり、自分の身には起こらないだろうとも思える内容だった。
    子供の頃の酷い体験に同情するが、それを全ての言い訳にしてはいけない、という言葉をよく聞くような気がするが、私はそこまで強くない。同情するし、それを言い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月12日

    何か訳ありな女性が主人公
    過去になにかあってそれをずっと引きずっている感じ
    それがしばらく明らかにならずモヤモヤ
    でもなにかしら見えないものがありずっとモヤモヤしながら先を追いかけた感じでした
    楽しめました

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月18日

    主人公の性格が、出だしと終盤で全然違う気が(^ ^;

    「二十年前の事件」との関わりをひた隠しにして、
    ひっそりと生きている主人公たち...という設定なのに、
    主な登場人物の性格も生活も「慎重さ」みたいなものが
    ちっとも感じられなくて...(^ ^;

    むしろ直情径行で、刹那主義的で、
    「今まで気づ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月15日

    この作者のミステリー作品は初めてでしたが、新聞の書評で気になって読んでみました。
    本作は、過去にいわくつきの事件に巻き込まれた主人公とその友人を中心に展開されていきます。2人の関係が何なのか?謎でしたが、物語の途中で明らかになり、そのいわくつきの事件がきっかけで、20年の時を越えて新たな連続殺人事件...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月13日

    2020年3冊目

    過去に忌まわしい事件の傷跡を持つ朱里。同じ事件に巻き込まれた典子が結婚するという話から封印した過去が明るみになっていく。

    犯人や被害者たちの家族構成から登場人物たちの人間関係が展開していく。最後の方の直接犯人に結び付く人間関係は突飛な感じもしましたが、展開が気になってしまい、一...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月28日

    母が途中で挫折したと貸してくれました
    そんなに面白くないのか…それともよく分からないのか…と読み始めましたが、内容はスラスラ入ってくる
    ただ…
    暗い!圧倒的に…暗い!
    なるほど、母はあまりの暗さに挫折したか
    私も暗いと思いながらも真犯人が分からないまま途中で投げ出すことはできず...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月26日

    アパレル店員として働く朱里には、隠し続ける「あの日」の過去があった。「あの日」が近づき、同じ過去を共有する典子が婚約の報告に訪れた。
    しかしその一か月後、典子は何者かに殺害されてしまう! 典子を殺したのは誰か。「あの日」に何があったのか。
    複雑に絡み合う真実の末に潜むのは、衝撃の結末。

    女と女が絡...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月11日

    過去に同じ事件にあい、その事を知られないように暮らしていた2人の女性。
    1人が脚光を浴びた事で、事件に関わった人々が次々と殺されていく。
    いったい誰が彼女らを。
    過去から逃れられない人々の悲しい話

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月22日

    帯に惹かれて購入。
    終始、重たい気持ちで読んでいました。
    登場人物のほとんどが、闇を持っているんじゃないかと思うくらい、いい人がそんなにいませんでした。
    20年前の事件だけでもお腹一杯なのに不倫やら、嫉妬やらドロドロした事柄がふんだんにあるので、良い意味で不愉快な気分になり、面白かったです。
    物語の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています