甘糟りり子の一覧

「甘糟りり子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/05/22更新

ユーザーレビュー

  • 産む、産まない、産めない
    男性が読んでも素晴らしい。

    個々の短編の出来もさることながら、最終作に「Let It Be」を持ってきた構成が良いと思った。
    「こうあるべきというライフプランなんて無い。何を選ぼうが迷うし苦しむ、でも大丈夫それでいい。あるがままにいこう」という筆者のメッセージが浮き立った。
  • 夜更けのおつまみ
    このサイトで著者を見ると勘違いする人もいると思うが、これは、おつまみについていろんな作家さんが書いたアンソロジーである。
    どれも私にぴったりで、最後まで楽しく読めたし、つまみの参考にもなった。
    あまり手の込んだものつまみは出てこず、なかにはコンビニつまみランキングなるものもあり、かなり参考になった。...続きを読む
  • 産む、産まない、産めない
    自分がこういうこと考える年齢になったからなのかな。
    一つ一つの話を読むごとに気持ちが穏やかになって、それぞれの主人公を応援したくなって、そして号泣した。
    こういう題材は押し付けがましい話も多いけど、久しぶりにいい本に出会えた。

    男性の育休取得の話、ダウン症の姪の話、不妊治療の話、新しく連れの...続きを読む
  • 産まなくても、産めなくても
    好き。


    あとがきにあるように、
    産まなくても、産めなくても、そして産んだ人たちも、
    それぞれが解放されますように。
  • 産まなくても、産めなくても
    BundanTVで知って興味が湧いたので買って読んでみましたが、妊娠・出産についての数々のセンシティブな問題を理解することができ、小説としての読み物としても興味深く読めました。女性が35歳を過ぎると妊娠が難しくなってくることは以前からなんとなくは知ってはいましたが、そのことで悩みを抱える女性の気持ち...続きを読む