「久住昌之」おすすめ作品一覧

「久住昌之」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:久住昌之(クスミマサユキ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1958年07月15日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:マンガ家

法政大学社会学部卒。代表作として『孤独のグルメ』(作画:谷口ジロー)、『花のズボラ飯』(作画:水沢悦子)などがある、両作はTVドラマ化された、漫画家としてだけでなく音楽制作なども行い、この2作の作中音楽のいくつかの作曲もした。その他作品に『ちゃっかり温泉』、『ひとり家飲み通い呑み』などがある。実弟は絵本作家の久住卓也。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/09/26更新

ユーザーレビュー

  • サチのお寺ごはん 5
    考えさせられる、って意味では、故・くりた陸先生の『いただきます~給食のおじさん・三五十一~』に劣ってない、と私は感じているんだが、他の人はどうなんだろうか
    重いってほどではないにしろ、リアリティがある、キャラの感情やストーリーの展開に
    さすがに、この『サチのお寺ごはん』のヒロイン・臼井幸さんのメンタ...続きを読む
  • サチのお寺ごはん 2

    あったかい

    源導さんの女子力が高すぎ。(褒め言葉)
    豆乳鍋のお話が一番好きです。源導さんだけなら少しお固い感じがするけど周りの人達がほんわかしてて良いバランスだなーと思いました。こう言う場所がほしい人、沢山いそうです。車麩とかお豆腐食べたくなる漫画です。お腹すいた。
  • 孤独のグルメ【新装版】
    「うーん……ぶた肉ととん汁でぶたがダブってしまった」「ジェットのせいで歯車がズレたか……」「うおォン俺はまるで人間火力発電所だ」「道端の草を食っているようだが、マズくない! けっしてマズくないぞ!!」「あ……やめて! それ以上いけない」
  • サチのお寺ごはん 4
    女性向けのストーリーの深さ、この一点では他を寄せ付けないトコがある
    仏教や精進料理がテーマに深く関わっているけど、あくまで、それは全体の良さを構築する一つのパーツなので、難しそうだ、と敬遠せずに読んでほしい食系漫画である、と改めて言いたくなった
    この(4)を読んで、しみじみと思った
    人間、幸福を掴む...続きを読む
  • 赤塚不二夫生誕80年企画 バカ田大学講義録なのだ!
    内容はいたって真面目(と思える)。もっと凄まじい内容を想像したが、これかこれでよいと思う。バカを語っていることには間違いはないのだけれど。

特集