葉真中顕の一覧

「葉真中顕」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:葉真中顕(ハマナカアキ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1976年
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

2013年『ロスト・ケア』で第16回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞し、推理作家としてデビュー。

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/05/31更新

ユーザーレビュー

  • ロスト・ケア
    楽しめました
    同時に社会的に考えさせられる内容でもありました
    介護の話と殺人が明らかになっていく過程と
    終盤のえ?あれ?っていう展開
  • Blue(ブルー)
    装丁にドキリ。ホラー?と思わせといて、そうではなかったのだが面白かった。

    本格クライムサスペンス。平成の最初に生まれ、平成が終わると共に人生を終えたブルー。全ての平成の闇を背負って生きたブルーの物語…。

    そして時事ネタありの平成史(闇)って感じ。平成を生きながらえてきた諸氏ならば、作中のどの問題...続きを読む
  • ロスト・ケア
    初めての社会派ミステリー。にして、これを超えるものは無いんじゃないかと思わされた作品。
    退屈なシーンがなく、驚きの展開…物語に入り込んでしまった。
    何より、物語としての面白さだけでなく、社会的な問題を突きつけられ、考え込んでしまった。たくさんの人におすすめしたい。
    あー、元気に長生きしてえなあ。
  • W県警の悲劇
    実によくできた連作短編ミステリー。W県警を舞台にした全て女性(警官)が主人公の短編集。各短編自体そこまで個性的では無いけども、小説らしいテクニックも駆使され、どれもオチが予想できない展開で最後にあっと驚かされる。どれも短編だけに途中の中だるみもなくちょうど良い。そしてそれらの短編全体が緩くつながって...続きを読む
  • Blue(ブルー)
    とても熱量の高い小説だった。
    平成の社会のひずみの落とし子のような「ブルー」と、彼にかかわった人々と、
    2つの事件を追う刑事たちの物語。
    平成の歴史や風俗が、巧みにストーリーや関係者の証言に追い込まれ、
    無戸籍・外国人技能実習生といった、今日的な社会問題を絡めつつ描かれる。
    物語が、まもなく来る平成...続きを読む

特集