国家の統計破壊(インターナショナル新書)

国家の統計破壊(インターナショナル新書)

作者名 :
通常価格 814円 (740円+税)
紙の本 [参考] 902円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

第二次安倍政権の発足以降、わかっているだけでも53件の統計手法が見直され、そのうち38件がGDPに影響を及ぼしている。賃金や消費などの基幹統計は、国民生活と密接に結びついたものである。手法の変更によりかさ上げされた数字では連続性がなく、もはや統計の意味をなさない。これは「統計破壊」と呼ぶべき異常事態である。この問題をいち早く追及し国会でも公述した著者が、公的データをもとに統計破壊の実態を暴く。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社インターナショナル
ページ数
224ページ
電子版発売日
2019年08月23日
紙の本の発売
2019年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

国家の統計破壊(インターナショナル新書) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年08月24日

    「毎月勤労統計調査」の不正なデータ補正が発覚後、7月の参院選時点で公表を差し控えていた2018年の実質賃金は17年と比べ0.4%のマイナスだった。
    つまり、2017年から2年連続のマイナス成長に陥っている。

    良く見せようとして統計偽装などしないで欲しい。
    なにも統計手法の見直しを否定しているわけで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月22日

    2015年以降のGDP関連統計が、どのような偽装改竄捏造により作られたかを明確に示し、アベノミクスの実態を明らかにしてくれた良書

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月29日

    内容については,すでに色々なところで報じられていたり,著者自身がweb上で発表してることを集めて本にしたような感じだが,こうして改めてまとめて読んでみると本当にひどいことが進行している.
    改竄,ウソ,印象操作のみで成り立っているような政府にどう対峙するべきかが第8章「どうしてこんなにやりたい放題にな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています