「荒俣宏」おすすめ作品一覧

「荒俣宏」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/08/11更新

ユーザーレビュー

  • 戦争と読書 水木しげる出征前手記
    水木しげるが20歳やそこらの青年であり、
    戦地へ赴く直前の手記に荒俣氏が解説を加えた一冊。
    世間一般に知られたる水木氏のどこかとぼけたような達観は感じられず、
    日々自分の価値観が変わっていっているような葛藤がそのまま記されている。
    それにしても現代視点で見たときには、とても20歳が書き記したとは思え...続きを読む
  • 帝都物語 第壱番
     私が魔術の世界に足を踏み入れるきっかけとなった作品。
     明治から昭和、そして西暦1998年にかけて、東京とその守護神である平将門を滅ぼそうとする陰陽師加藤保憲と、それに加担する者、阻止しようとする者たちを描いた、壮大なスケールの伝奇物語。
     読み所は大きく分けて二つ。
     一つはその持てる知識をフル...続きを読む
  • 帝都物語 第六番
    加藤がこうだというのは、想像ついた。
    でもやっぱり加藤が主役だなあと。
    そして加藤、一応お疲れ様でした。

    すごく大好きな本となりました。
  • 帝都物語 第伍番
    有名な三島事件(と言っていいのかな?)のことをこの本で読んで気になり調べてみることになったけど、まさかそれをこう物語に絡めてくるなんて上手いなあ。
    後恵子さんを心から尊敬してしまった。普通ここまで出来ないよ。流石、加藤が認めた女性なだけあるわ。ここまでくると却って怖いけども。
    勉強をわくわくしながら...続きを読む
  • 帝都物語 第四番
    屍解というものがどんなものか読んでみて初めて知った。
    そして加藤という人物の存在がなんとなく解明されたのではないだろうか。やっぱり加藤好きですねえ。

特集