深沢潮の一覧

「深沢潮」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/08/31更新

ユーザーレビュー

  • 翡翠色の海へうたう
    好きか嫌いかとか、得意不得意は抜きにして、ものすごい話を読んでしまった感がハンパない。
    慰安婦って言葉はニュースでとてもよく聞くけど、実際のこと深く知らない人が多いのでは?
    なんとなくでしか知らずにいる人に是非読んでもらいたい。
    この作品を書き始めた覚悟、書き切った想い。熱すぎて苦しくなるほど。
    ...続きを読む
  • 乳房のくにで
    理想か夢か。いや、希望だ。持てるものと持たざるものの視点から、とても公平に書かれていた。だから時に、読むに苦しい。205ページからはらはらと涙が出っ放しだった。理想か夢か。皆で真実にしていこう。
  • 乳房のくにで
    設定も展開も最高におもしろい。
    わたしが出産育児の経験がないからかもしれないけど、
    こわおもしろい世界観にどっぷりハマりました。
    久しぶりに時間を忘れて深夜まで一気読み。
    「光ちゃま」「ナニィ」って呼びあってたことに
    なんか分からんけどゾッとした。
  • 緑と赤
    オムニバスで展開しつつ、それぞれの人物がつながり合っている、という構成。緑と赤はパスポートの表紙の色(大韓民国/日本)の違い。その違いが分かつもの、埋め切れない溝、壊せない壁・・・切ない小説です
  • 黒い結婚 白い結婚
    最悪な結婚について書かれた短編が4つと、最高な結婚について書かれた短編3つ。
    黒い結婚の方は、「かっぱーん」と「愛の結晶」はイマイチ。あとは黒も白もとても良かった。黒い結婚の「水際の金魚」と「家猫」は、わかりやすく結婚に向かない人を描いている。自分が一番可愛い、みたいな。
    白い結婚の方は、「シューク...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!