山崎ナオコーラの一覧

「山崎ナオコーラ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山崎ナオコーラ(ヤマザキナオコーラ)

公式Twitter

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2022/11/25更新

ユーザーレビュー

  • ご本、出しときますね?
    同名のテレビ番組の書籍版。対談番組なので普通の対談本として読める。内容は若林×小説家2人の対談。読んだことない人も多かったけどどの人も面白くてみんな読んでみたくなったし、小説家の皆さんのとがり方は自分とは違くて自分はやっぱ作家ではないな、とも思った。
  • ミルクとコロナ
    前作に続いて白岩玄さんの著書を読んだ。
    今回は小説ではなく正確には白岩玄さんと山崎ナオコーラさんの往復エッセイだ。

    『『野ブタ。をプロデュース』の白岩玄と『人のセックスを笑うな』の山崎ナオコーラ。共に20代で作家になり、現在二児の親でもある二人が、手紙をやりとりするように綴る、子育て考察エッセイ!...続きを読む
  • 鞠子はすてきな役立たず
    まず鞠子の口調が「〜だわ」とかじゃないのがいい。

    「自分と異なる価値観の人と話すと心に風穴があくような気持ちになる。」根底で共感がないとそうもいかないかもしれないし、そういう余裕があるかどうかという見方もある。でも自分と異なる価値観の人と出会った時に、敵だ!と心を閉じてしまうか、風穴を開ける人が現...続きを読む
  • ご本、出しときますね?
    面白すぎてあっという間に完読。
    物書きの皆さんは日々何を考えてるんだろうって気になって仕方なかったので、得にしかならない!と鼻息荒めで読んだ。
    勉強になったのは、森鴎外の行き着いた哲学が
    【諦め】ということ。
    対談されていた作家さんの本や、処方された本など読みたい本が増えたので何を読んだらいいかわか...続きを読む
  • ニキの屈辱
    #1
    劇中の中盤で最も心を惹かれたシーンがある。加賀美とニキが新宿の路上で写真をとる家族に遭ったあと、ニキが言う。
    「さっきのお母さんの、『美人に撮ってよ』ってセリフ、良かったね。結局のところ、写真ってそういうことだよね」

    ニキは不器用で、人間関係の機微よりも無機質な被写体を得意とする写真家だと自...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!