高橋克彦の一覧

「高橋克彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:高橋克彦(タカハシカツヒコ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1947年08月06日
  • 出身地:日本 / 岩手県
  • 職業:作家

早稲田大学商学部卒。1983年に『写楽殺人事件』で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。 『総門谷』で第7回吉川英治文学新人賞受賞。『リサ&チョーサクシリーズ』がTVドラマ化された。TVドラマ『炎立つ』、『北条時宗』の原作なども手がける。その他作品に『総門谷』、『緋い記憶』、『火怨』などがある。ミステリー、歴史小説、時代劇、SF、ホラー、浮世絵など幅広いジャンルを手がける。

値引き作品コーナー

作品一覧

2019/09/06更新

火城
  • ブラウザ試し読み

風の陣
  • ブラウザ試し読み

偶人(からくり)館の殺人
  • ブラウザ試し読み

空中鬼
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 時宗 巻の四 戦星
    最終巻はいよいよ元寇。
    歴史の授業では二度の神風に守られたと習ったはずですが、本書では幕府軍の駆引きと武士の気概、内部崩壊による半自滅で弱っていた元軍などの背景が加わって、色彩豊かな出来事として読むことが出来ました。
    あの時代に巨大な帝国と戦をするために国をまとめた偉大な執権がいたということを、本書...続きを読む
  • 火怨 下 北の燿星アテルイ
    上巻はつまらなかったけれど、下巻は良かったです。
    変な男女間のラブ要素は一切なく、男として蝦夷としての戦いと死にざまが素晴らしかった!

    自分の名誉ではなく、蝦夷の名誉と将来のために生きた阿弖流為くんと母礼さんの物語を読んで、次に京都の清水寺に行ったときは彼らの慰霊碑に手を合わせて来ようと思いました...続きを読む
  • 緋(あか)い記憶
    短編集。
    一つひとつ、何となく答えが見えてそうで、見えなかったり、気付いたら最後まで読んでた感じ。
    読みやすいサスペンス。
  • 写楽殺人事件
    最初はちょっと難しそうだなと思ったけど、読み進めるうちにどんどん物語の世界に引き込まれていきました。
    さすが江戸川乱歩賞受賞作品!
  • 竜の柩(4)約束の地編
    世界中の古代文明に関する膨大な知識に独自の解釈を組み合わせて、それぞれを日本と絡めながら、かつ物語として成立させる力技に感心するしかない。かなりマニアックなので一般受けしないかもしれませんが、自分にとっては本当に楽しい作品でした。