だましゑ歌麿

だましゑ歌麿

作者名 :
通常価格 916円 (833円+税)
紙の本 [参考] 924円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

江戸の町を高波が襲った夜、当代の人気絵師・喜多川歌麿の恋女房が惨殺された。歌麿の幕府風刺を憎む上からの圧力に抗いつつ、事件の真相を追う南町奉行所の同心・仙波。仙波の前に、やがて明らかとなる黒幕の正体と、歌麿のもう一つの顔とは!? 時代はまさに「鬼平」こと長谷川平蔵が火附盗賊改(ひつけとうぞくあらため)の重職を担っていた当時で、鬼平もたっぷり登場します。浮世絵を愛する著者が、江戸の町が見えるように生き生きと語る、恋あり仁義ありの傑作時代ミステリー!

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
650ページ
電子版発売日
2011年09月16日
紙の本の発売
2002年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

だましゑ歌麿 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年01月15日

    歌麿や北斎、蔦屋、松平定信など実在の人物が登場する歴史事件簿。
    恐らくはフィクションだと思いますが、時代背景や浮世絵に関する知識を上手く盛り込んだ、非常に面白いエンターテイメント作品に仕上がっています。
    高橋作品の新たな一面を見たようで大満足です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月17日

    これは、本当に面白い。
    久々に傑作の時代小説だった。
    登場人物に歌麿、北斎、蔦屋という豪華さに、主役の十手持ちの男振りの見事なこと。
    エンターテイメントとして、完璧。
    良い読書でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月16日

    ミステリー要素も絡んでくる時代小説。
    実は借り物なのでシリーズだとは
    知らずに読んでしまったわけでして。

    ちょっと長いかなぁ、とは思ったものの
    それでも人物描写と
    男気あふれる仙波、そして菊弥が
    実にいい味出しているんですよね。
    そして謹慎になってもあきらめないですし。
    すごいバイタリティ。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月17日

    歌麿や北斎が生きた時代背景がよく伝わってくる。
    主人公の仙波が誰が味方かもわからない中事件を追いかけていく様もハラハラするし男気があってかっこいい!
    終盤の駆け引きには痺れます

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月14日

    全く中だるみせず、ストーリー展開も登場人物も完璧でした。
    一気に読めた一冊。
    時代物の背景が結構好きなことに気付けました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「千に一つの目こぼしもしない」真面目で強く優しい同心、仙波が浮世絵画家喜多川歌麿の身内を襲った事件を追う話。現代風にいうと権力と戦う警察小説?脇を固めるキャラも個性的で面白く、一気に読めました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    とても痛快で、読めば読むほど面白い。

    主人公をそれぞれの作品で替えながら、謎解きをするという設定で
    歌麿・春朗(のちの北斎)の名前でもわかるように浮世絵や
    江戸の町の風景・町人の暮らしなどが浮かんでくるような作品。

    鬼平犯科帳で有名な長谷川平蔵が悪役として登場するのだけど
    悪役までもがみんな渋く...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    北町奉行所、千に一つも目こぼしのないと言われる仙波が遭遇した絵師・歌麿。
    殺された歌麿の愛妻の謎を追う先で、もう一つの歌麿の顔が明らかに・・・!
    浮世絵三部作を読んでからだとより楽しめます。津田の北斎隠密説を匂わせる、春朗(後の北斎)も登場。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    おいしいお出汁でお茶漬けをいただくように、さらさらさらさら〜っと読み終わってしまいました。面白かったです。版画の技法だとか、当時の政治とかお役目のこととかの説明もたくさん出てくるのに、リズムが良くて、本当にさらさら〜っと読めました。

    舞台は田沼意次〜松平定信の頃の江戸、ドラマチックな時代です。登場...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

     いやはや、参りました。最後まで息も吐かせぬストーリー展開で、堪能しました。歌麿や北斎が御用を預かる者だったのでは、というのは実しやかに囁かれていることですが、そこにこれだけの創作を絡めて大作に仕上げるというのはやっぱりすごい。この人の作品、陸奥3部作や『竜の柩』も大好きですが、浮世絵ものも本当にお...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています