即身仏(ミイラ)の殺人

即身仏(ミイラ)の殺人

作者名 :
通常価格 580円 (528円+税)
紙の本 [参考] 586円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

出羽三山の一つ、湯殿山麓の映画のロケ地から、石棺に入った即身仏(ミイラ)が出土! ところが所有権をめぐって現地が揉めるなか、肝腎の即身仏は忽然と消えた。推理作家のチョーサクと編集者リサは、友人でロケに居合わせた女優・月宮蛍(オケイ)に呼ばれて現地へ赴くが、新たな殺人事件が発生して大混乱。事件の謎は、消えた即身仏に隠されている? 当惑する2人は友人トーマを呼び寄せ、3人で謎に挑む。『パンドラ・ケース』『南朝迷路』に続く、人気シリーズ第3作!

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
394ページ
電子版発売日
2011年09月16日
紙の本の発売
1998年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

即身仏(ミイラ)の殺人 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年02月22日

    リサ&チョーサクシリーズ。

    リサとチョーサクの会話が小気味良く、楽しかった。チョーサクのミステリ作家ならではの推理の仕方が成る程なぁという印象だった。途中、推理が破綻したら、潔く諦めてハイ、次、みたいな切り替えの速さも小気味良い。最終的には塔馬に持っていかれてしまうけど、チョーサクのキャラ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています