パンドラ・ケース よみがえる殺人

パンドラ・ケース よみがえる殺人

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
紙の本 [参考] 691円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「悪趣味だな。仲間で最初に死んだ人間の十三回忌に開くタイムカプセルなんて」。昭和四十六年、雪の温泉宿に集まった八人の大学生は、卒業記念のカプセルに、思い思いの品を納めた。「あたしがきっと最初だわ」と呟いた半田緑は、五年後に失踪。十七年後、七人が彼女の箱を開けると、中には干涸びた指と指輪。その三日後、仲間の一人が首無し死体に! 塔馬双太郎は仲間と事件に挑む。高橋克彦ならでは、“思い出したくない過去の、懐かしく甘美な恐怖”を堪能できる傑作長篇!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
496ページ
電子版発売日
2011年10月14日
紙の本の発売
1991年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

パンドラ・ケース よみがえる殺人 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年02月05日

    高橋克彦作品、ハマってしまったかも……
    というのも、主人公が浮世絵の研究をしていたりと、浮世絵三部作を思い出したり、なんとなく関連性を感じたりもして楽しい。
    最初はアクが強すぎて、うっと思っていた登場人物(チョーサク)も読み進めていくうちに、
    友達になる過程のように、あなたはそういう人だよね(笑)、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月01日

    ミステリーとしては 筋立ては まあ ありきたりだが それよりも 昭和46年を 懐かしむことが できた。
    自分自身の 青春時代 そして 今に至る その 軌跡をも振り返れたかな、、、
    探偵役が もう少し鋭いと もっと 面白いかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月01日

    東北の温泉宿に集まった大学時代のサークルの仲間たちが遭遇する連続殺人・・・という「外界隔絶物」という「本格ミステリ」にありがちの設定でありながら、「本格」というジャンルにしばられず、登場人物たちの心情をおいながらドラマが進む。本格を期待する向きには物足りないだろうが、筋運びが興味を引っ張っていきテン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    塔馬双太郎大学同窓シリーズ?第一弾。
    チョーサク・リサ・オケイ初登場。
    浮世絵ミステリーシリーズの塔馬の大学時代が明らかに(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月10日

    オーソドックスな『嵐の山荘』ものですが、残念ながら驚愕するような展開や真相はありません。
    ただ、13回忌の法要代わりに開けられたタイムカプセルが謎を解く鍵になっているのと、実際に起きた昭和の大事件が背景になっているところが面白いですし、青春時代の思い出が物語を奥深いものにしており読み応えがあります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月14日

    浮世絵シリーズに出てくる塔馬双太郎とともに、大学時代の同窓生(リサ&チョーサク)が登場。

    クローズドサークル的なシチュエーションの中での猟奇的な連続殺人事件。容疑者は限られた人数の中にいて、更に皆、かつての大学サークルの仲間同士。お互いが疑心暗鬼に陥り、更にタイムカプセルに収めた過去の新聞記事を巡...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    雪の温泉宿に集まった学生時代の仲間が次々と殺されていく。  う〜ん、ミステリはイマイチ苦手なんですけど、高橋さんのは読んじゃう。謎解き以外のとこが面白いからかな。心理描写とか。塔馬さん好き。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年08月19日

    初めて出会ったのはは小学生の時で、題名に惹かれ、怯えながら読みました。ドラマ等の影響でタイムカプセルというものに憧れを感じていた頃だったので、指が出てきた時の衝撃といったらなかったです…。夜、トイレが怖くなるとわかっていながら読み進めてしまう不吉な魅力がありました。誰が犯人か?と疑心暗鬼になって、子...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング