藤原緋沙子の一覧

「藤原緋沙子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/10/28更新

ユーザーレビュー

  • 初霜 橋廻り同心・平七郎控
    シリーズ13作目。私は12作目を読んでから3年半振り。2作とも藤原さんらしい話。決して明るいばかりの話ではないだけど、最後にはほっとする。
  • 恋の櫛―人情江戸彩時記―(新潮文庫)
    人情江戸彩時記シリーズの4作目。もの作りの職人をテーマにした短編が4編。どの話も藤原さんらしい余韻の残る作品で読み返したくなる。私は表題作が一番好きかな?
  • 藍染袴お匙帖 : 12 藁一本
    シリーズ12巻で、中編2編を収録。ともにいい話だけど、悲しい話。で、最後の5行だけど、まだ次があるの? 完結じゃないの? 完結でいいんじゃない???
  • 秘め事おたつ二 鬼の鈴
    内容(「BOOK」データベースより)
    口は悪いが、情には厚い金貸しのおたつ婆。おせっかいが高じて、人助けばかりしている。今日も、文無しの浪人を介抱し、挙句「生き別れた娘に一目会いたい」という彼の最期の願いを聞くことに。僅かな手掛りを頼りに、おたつは長屋の仲間達と奔走するが…。おたつ自身もまた、己の過...続きを読む
  • 冬の虹 切り絵図屋清七
    内容(「BOOK」データベースより)
    思いがけず新しい絵師も加わり、清七が跡を継いだ絵双紙本屋・紀の字屋は繁盛していた。一方、それを恨む同業者の近江屋が、悪徳商売で店の乗っ取りをはかっているという、良からぬ噂が聞こえてくる。ついには仲間の与一郎が人殺しの罪を被せられ、清七は真相を追っていくが―大好評...続きを読む