藤原緋沙子の作品一覧

「藤原緋沙子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2024/05/08更新

ユーザーレビュー

  • 藍染袴お匙帖 : 14 雨のあと
    内容(ブックデータベースより)

    松井町の番屋に急に呼び出された桂千鶴。駆けつけると、元女郎のおつねが腕を折られるなど酷い暴行を受け苦しんでいた。
    浪速屋で働く女郎たちの過酷な暮らしを見ていられず、女将に談判しようとしたところ、男衆から殴られたり蹴られたりしたのだと語る。
    しかしおつねも女将の肩を刺...続きを読む
  • 藍染袴お匙帖 : 1 風光る
    途中の卷から読み 面白かったので 最初から読んでみました。

    綺麗で心根の真っ直ぐな腕のいい女医さん

    ハンサムな求馬さん登場

    嬉しい設定のお話しです。
  • 朝日文庫時代小説アンソロジー 家族
    どの作品も楽しく読めます。
    特に田牧さんは、ちょっとワクワク、
    そしてほっと心が温かくなる作品を
    書かれる方だなぁと思う。
    私の憧れの江戸の町民たちが題材は
    楽しいし気持ちが良くて好きだわ。
    別(他社かな?)のアンソロジーを読んだ時は
    その作家さんの単行本で読んだ作品が
    入っていたりしてガッカリした...続きを読む
  • 雪の果て―人情江戸彩時記―
    見慣れない言葉がいくつかあり、初めは読み進めるの苦戦するかな…?と思っていたが、それを覆すほどストーリーが良かったので、スラスラ読めた。

    江戸を思わせる表紙絵の通りに、ちゃんと江戸を感じられたし、それぞれのお話の思いがけない展開に胸が熱くなった。
  • 岡っ引黒駒吉蔵
    藤原緋沙子の新境地! 江戸の岡っ引・吉蔵が大活躍する新シリーズ開幕。

    幕末文久年間、何かと騒がしい江戸の町に、甲州から一人の男がやってきた。
    その名も、「黒駒吉蔵」(くろこまのきちぞう)。俊敏で手先も器用、甲州黒駒という馬も乗り回す。
    甲州勤番支配だった坂藤大和守定勝に気に入られて御用聞きをしてい...続きを読む

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!