「藤原緋沙子」おすすめ作品一覧

「藤原緋沙子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/10/06更新

ユーザーレビュー

  • 藍染袴お匙帖 : 1 風光る
    ふと手に取った本だったけど、面白かった。
    江戸時代に活躍する女医さんの話。
    自立した、生き生きした女性はかっこいいね✨

    内容(「BOOK」データベースより)
    藍染橋の袂に診療所を開いている千鶴のもとに、身元の分からない白骨が持ち込まれた。二年前に神隠しにあった小間物屋の徳蔵と思われたが、確たる証は...続きを読む
  • 浄瑠璃長屋春秋記 潮騒
    藤原緋紗子さんの浄瑠璃長屋春秋記シリーズ№2「潮騒」、2014.10発行です。潮騒、雨の音、別れ蝉の3話、抑制の効いた親子、男女の情が読む者の心に迫ってきます。身分制度や諸法度に縛られ、与えられた環境下で生きるしか術のない時代に思いをいたし、その人々の気持ちを察しながら、あらためて現代の自由すぎる環...続きを読む
  • 白い霧~渡り用人 片桐弦一郎控~
    次期藩主の座をめぐる政争が幕府に露見し、安芸津藩はお取り潰しとなった。江戸藩邸詰めだった片桐弦一郎は、突然の改易と義理父と妻の自害という、この世の無常、悲哀を知った弦一郎は、浪人となり古本屋の筆耕の仕事をし神田の裏長屋で暮らしている。住む長屋の地主家持ちの武蔵屋の出戻り娘・おゆきが紹介する口入れ屋の...続きを読む
  • 藍染袴お匙帖 : 6 恋指南
    三つの物語のうちやはり最後の恋指南が良かった 夫の仇を討った はぎの 恋の行方は多難だな 
     それにしても正義の味方になって悪党どもに突っ込んでゆく向こう見ずの勇ましすぎには 感心しますが 千鶴が危なくなると必ず求馬が現れて助ける 笑い なんか磁石で危険を察して引っ張りるのかな  
  • 藍染袴お匙帖 : 2 雁渡し
    時代劇ドラマ「桂ちづる診療日録」の原作、2巻目。
    どうやらドラマの方は女牢医を主題にしているようで、1巻の『花蝋燭』に続き、『月下恋』も切ないエピソードでした。
    父の死の秘密に迫る『霧雨』も、千鶴の父の性格が滲みでた話で、悲しいけれど温かさが伝わってきました。
    ドラマは兄絡みの人間関係が丸々オリジナ...続きを読む