「藤原緋沙子」おすすめ作品一覧

「藤原緋沙子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/12/10更新

ユーザーレビュー

  • 藍染袴お匙帖 : 11 あま酒
    内容(「BOOK」データベースより)
    往診帰り、梅香る浅草寺境内で怪我をした老爺を救った桂千鶴。その老爺平蔵は手相をみる評判の掃除人で、意に添わぬ占いに激した若者に手を上げられたのだった。今後を案じる千鶴に、平蔵はかつて大店の主だった頃に美人局に引っ掛かった過去を打ち明ける。一方、大番入りを果たした...続きを読む
  • 藍染袴お匙帖 : 10 雪婆
    内容紹介
    女医の千鶴のもとに重い下痢を訴える商人三人から立て続けに往診の依頼が入る。
    流行病かと思いきや、全員、両国南の茶漬け屋『花井』の女将おつるから
    売りつけられた"霊水"を飲んでいたことが判明。
    嘘泣きまじりで潔白を主張する妖艶なおつるの姿に鼻白む千鶴。
    やがて、おつるの背後に蠢く乱倫な男関係...続きを読む
  • 藍染袴お匙帖 : 9 貝紅
    作品紹介・あらすじ
    新大橋近くで旅の侍が何者かに襲われた。偶然行き合わせた女医桂千鶴は旗本の菊池求馬と共に助け出すが、手当の甲斐なく侍は息を引き取る。遺されたのは高価な熊胆と、おふみという女の居場所を告げる謎の文。死の直前、侍から熊胆を託された千鶴は、その無念を晴らすべく真相に迫っていく。父の遺志を...続きを読む
  • 藍染袴お匙帖 : 8 月の雫
    内容(「BOOK」データベースより)

    軽微な罪で入牢していたおまちという女が、娑婆に出てまもなく、本所堅川の土手で無残な遺体となって見つかった。検死に立ち会った女医桂千鶴は、堅川土手には咲いていない一輪の花をおまちの遺体から発見する。さらには草履の底に星のような白い砂が付着していた。医学館の教授方...続きを読む
  • 雪晴れ 切り絵図屋清七
    内容紹介

    江戸の切り絵図屋・清七を主人公に描かれる、書き下ろし時代小説シリーズ第5弾。

    絵双紙本屋「紀の字屋」が軌道に乗り、町人として充実した日々を過ごしていた清七。
    勘定組頭の父・長谷半左衛門が勘定奉行・谷田部貞勝の不正を暴くため、秘密裏に旅に出ていたが、2カ月が過ぎても戻らず、その身を案...続きを読む