秘め事おたつ 細雨

秘め事おたつ 細雨

作者名 :
通常価格 564円 (513円+税)
紙の本 [参考] 594円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

両国の稲荷長屋で金貸しを営むおたつ婆は、口は悪いが情に厚く、困っている人を見過ごせない性分。ある日、常連客の弥之助が身投げを図ろうとした女を連れてくる。訳も訊かず寝食を与えるおたつに、女は自身の過去を語り始めるが……。誰の身の上にもある秘め事。それらを清算すべく、おたつと長屋の仲間達が奮闘する書き下ろし新シリーズ第一弾。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎時代小説文庫
電子版発売日
2017年10月06日
サイズ(目安)
1MB

秘め事おたつ 細雨 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年09月27日

    内容(「BOOK」データベースより)
    両国の稲荷長屋で金貸しを営むおたつ婆は、口は悪いが情に厚く、困っている人を見過ごせない性分。ある日、常連客の弥之助が身投げを図ろうとした女を連れてくる。訳も訊かず寝食を与えるおたつに、女は自身の過去を語り始めるが……。誰の身の上にもある秘め事。それらを清算すべく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月19日

    久しぶりにスタートする新シリーズ。今度は情に厚い金貸し婆が主人公。まずは人物紹介の中編2作。これからの展開が楽しみ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月19日

    両国の長屋で金貸しを営むおたつ
    口は悪いが情に厚く、困っている人を見過ごせない。
    ある日、常連客の弥之助が身投げを図ろうとする女を
    連れてくる。

    おたつと長屋の仲間の奮闘する書き下ろし新シリーズ。

    新刊のコーナーで、目を留め読むことに。
    ずっと佐伯泰英の剣劇時代物を読んでいたので
    たまには、、、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

秘め事おたつ のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 秘め事おたつ 細雨
    564円(税込)
    両国の稲荷長屋で金貸しを営むおたつ婆は、口は悪いが情に厚く、困っている人を見過ごせない性分。ある日、常連客の弥之助が身投げを図ろうとした女を連れてくる。訳も訊かず寝食を与えるおたつに、女は自身の過去を語り始めるが……。誰の身の上にもある秘め事。それらを清算すべく、おたつと長屋の仲間達が奮闘する書き下ろし新シリーズ第一弾。
  • 秘め事おたつ二 鬼の鈴
    口は悪いが、情には厚い金貸しのおたつ婆。おせっかいが高じて、人助けばかりしている。今日も、文無しの浪人を介抱し、挙句「生き別れた娘に一目会いたい」という彼の最期の願いを聞くことに。僅かな手掛りを頼りに、おたつは長屋の仲間達と奔走するが……。おたつ自身もまた、己の過去を清算すべく、ある人物を捜していた。人気シリーズ第二弾。
  • 秘め事おたつ三 青葉雨
    続巻入荷
    金貸しおたつ婆の一日は、早朝の散歩から始まる。ある朝、足の不自由な父親とその娘を助けたことから挨拶をする仲に。だが、ここ数日二人の姿が見えない。心配になったおたつが父娘の営む居酒屋を訪ねてみると、父親は寝たきりで、店には柄の悪い男が一人……。口は悪いが、情に厚いおたつは、この訳ありな親子を助けることができるのか――。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています