白い霧~渡り用人 片桐弦一郎控~

白い霧~渡り用人 片桐弦一郎控~

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

次期藩主の座をめぐる政争が幕府に発覚し、安芸津(あきつ)藩はお取り潰しとなった。江戸藩邸詰めの片桐弦一郎は、浪人となり、神田の裏長屋で暮らしている。突然の改易(かいえき)でこの世の無常、悲哀を知った弦一郎は、傭われ用人として、苦しい内情ながらも体面だけは重んじる武家屋敷の建て直しを図る。―市井(しせい)の人々の縺(もつ)れた事件を人情味豊かに始末する、傑作新シリーズ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2013年09月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

白い霧~渡り用人 片桐弦一郎控~ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年03月18日

    内容(「BOOK」データベースより)
    次期藩主の座をめぐる政争が幕府に露見し、安芸津藩はお取り潰しとなった。江戸藩邸詰めの片桐弦一郎は、浪人となり、神田の裏長屋で暮らしている。突然の改易でこの世の無常、悲哀を知った弦一郎は、傭われ用人として、苦しい内情ながらも体面だけは重んじる武家屋敷の建て直しを図...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月05日

    シリーズ第一弾。

    主人公・弦一郎の、“何とかしてくれる”感が良いですね。
    こういう安定感のあるシリーズ。好きです。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年10月30日

    次期藩主の座をめぐる政争が幕府に露見し、安芸津藩はお取り潰しとなった。江戸藩邸詰めだった片桐弦一郎は、突然の改易と義理父と妻の自害という、この世の無常、悲哀を知った弦一郎は、浪人となり古本屋の筆耕の仕事をし神田の裏長屋で暮らしている。住む長屋の地主家持ちの武蔵屋の出戻り娘・おゆきが紹介する口入れ屋の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

渡り用人 片桐弦一郎控 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 白い霧~渡り用人 片桐弦一郎控~
    次期藩主の座をめぐる政争が幕府に発覚し、安芸津(あきつ)藩はお取り潰しとなった。江戸藩邸詰めの片桐弦一郎は、浪人となり、神田の裏長屋で暮らしている。突然の改易(かいえき)でこの世の無常、悲哀を知った弦一郎は、傭われ用人として、苦しい内情ながらも体面だけは重んじる武家屋敷の建て直しを図る。―市井(しせい)の人々の縺(もつ)れた事件を人情味豊かに始末する、傑作新シリーズ。
  • 桜雨~渡り用人 片桐弦一郎控(二)~
    ――旅姿の男を襲う二人の浪人。仲裁に入った片桐弦一郎は、仲違いで負傷した浪人を長屋に連れ帰る。その男は信濃の元藩士で、意趣返しで襲ったという。二日後、暇乞(いとまご)いをした男の死体が発見された! 憤る弦一郎の前に、信濃飯坂藩元執政・千坂兵庫(ちさかひょうご)から使いが来た。どうやら男はお世継ぎ問題に絡む政争の犠牲になったらしい。弦一郎は、千坂の依頼で信濃へ旅立つが……。
  • 密命~渡り用人 片桐弦一郎控(三)~
    片桐弦一郎の用人仲間である但馬佐兵衛(たじまさへえ)が、何者かに殺された。懐中にあった大金が紛失している。金は能勢(のせ)家の殿様の命で借り受けたものであった。佐兵衛から自分の身に何か起こった時、妻子の様子見を頼まれていた弦一郎は、彼らを訪ね犯人探しを開始する。現場付近で目撃者を見つけ出したことを告げると、但馬家を巻き込んだ思いもかけぬ事実が……。(表題作)
  • すみだ川~渡り用人 片桐弦一郎控(四)~
    川に落ちた小娘を自ら飛び込んで救った渡り用人の片桐弦一郎。その人助けが噂になり、小大名小栗(しょうだいみょうおぐり)藩から仕事が舞い込む。将軍が上覧(じょうらん)する水練(すいれん)競技に参加する者たちの指導だった。目を覆うばかりのひどい有様(ありさま)に苦悩する弦一郎だが、これをきっかけに、小栗藩の存在を揺るがす一大騒動に巻き込まれる――。鮮やかな筆致で読み手の心を掴む待望...
  • つばめ飛ぶ~渡り用人 片桐弦一郎控(五)~
    安芸津(あきつ)藩の改易で浪人となり、江戸で渡り用人として糊口(ここう)を凌(しの)ぐ片桐弦一郎。久しぶりに故郷入りした弦一郎の前に、藩改易の真相が明らかになる。そして、江戸に戻った弦一郎は、またも厄介(やっかい)な用人の仕事を引き受ける。今度は家内に複雑な事情を抱える高禄の旗本家。それぞれが勝手に振る舞う若殿や奥方を更生させることはできるのか。大好評シリーズ、待望の第5弾。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています