青嵐 見届け人秋月伊織事件帖

青嵐 見届け人秋月伊織事件帖

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

伊織、けじめの「見届け」を描く文庫書下ろし完結巻!「押し込みをやる悪い奴らの情報がある」見届け人志願でだるま屋を訪ねた男は、食い詰めた大店の息子・巳之助だった。生き別れの母との再会を願い、仕舞屋で下働きする巳之助は、伊織が探索する、世間を震撼させた悪党一味につながっていた。伊織、けじめの「見届け」と母子の悲縁を描く感涙のシリーズ完結巻。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2018年05月15日
紙の本の発売
2018年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

青嵐 見届け人秋月伊織事件帖 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年09月23日

    2018年5月講談社文庫刊。書下ろし。シリーズ8作目。見返り川、晴嵐の2編を収録。待ちに待った最終巻ということで、ドキドキしながら読みました。なるほどこうなるかと、納得できないような、しかし、まあ落しどころかなと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月13日

    シリーズ第8巻で中編2作を収録。2話目でついにシリーズ完結。まあ、いい頃だね。こうなるかしかないかなあって云う落としどころかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月20日

    シリーズ完結。

    今回は「見返り川」「青嵐」の二話構成です。
    どちらも安定の人情噺ですが、「青嵐」は“生き別れの母と息子”という鉄板の設定という事もあり、思わずホロリとさせられました。
    そして、いよいよ秋月家に戻る伊織様。お藤さんとどうなるのか、というところですが、他の方も書いておられるように、まぁ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています