香魚子のレビュー一覧

  • 後宮の烏3
    ツン度がだいぶと薄くなってきた寿雪。

    衛青が知ることになる彼女との関係の下り、若干ダークサイドな香りがしたのは私だけですかね?

    2019.9.19
    140
  • 後宮の烏2
    中華風歴史物語の第2巻。
    物語はどんどん複雑化していく。ただ、主人公寿雪は成長していく。特に心が。
    本当はひとりでいなければならない習わしなのに、ついつい人と関わってしまう。それは危ういものを感じさせる。
    今回もとてもおもしろいお話でした。

    購入
  • 後宮の烏2
    梟が何者なのか、これからさらに深く広い物語になりそう楽しみ。 みんな傷や悲しみを抱えていて、高峻と寿雪には苦しんでほしくないな。
  • 後宮の烏2
    人とのつながりが暖かくて心が休まる。
    でもこういうシリーズってだんだん重くなってくるのは避けられないことなんてしゃうかね。
  • 後宮の烏2
    神々の世界が少し明かされ,物語の厚みが増してきた.
    新登場の千里がいい味をだしそう.
    魚泳の死を知ったら寿雪は怒るだろうなー(裏切られたと思うかもしれない).

    高峻の梟のあざはどうなるのか.3巻が待ち遠しい.
  • 後宮の烏2
    中華ファンタジーというのかな、作品の雰囲気が好き。名前の漢字が難しいけど、フリガナをずっとふってくれてて有難い。続きが楽しみ。
  • 後宮の烏2
    ライトなミステリーを短編で綴りながら、メインのストーリーが動いていく感じ。変に引っ張らないで、どんどん物語が進んでいくので楽しい。
  • 後宮の烏2
    今作では、心情描写の掘り下げと世界観の安定感がより増したなという印象。
    やさしい読みやすさのまま、前作よりもスッと、グッと、物語に入り込めた。
    さらに新たな人物も登場したことで物語は深く、かつ広がりを持ち始めている。
    (ひとつひとつの話が短編風でもあるが、全体としてゆるゆると大きく繋がっている)

    ...続きを読む
  • 後宮の烏2
    不思議の力を持ち、ただ一人帝の夜伽の相手をしない妃、烏妃の寿雪の物語第二弾。前回は烏妃とは何者か?という立場上の謎が語られ今回は烏妃が恐れる「梟」という存在が出てきて別の謎が明かされる。宦官の幽霊やかつての主人の声に悩む宮女、お面の目の奥に立つ男の話の中で一人でいるべき、と律していた寿雪の周りに優し...続きを読む
  • 魔法使いの心友 2
    【あらすじ】
    魔美坂リサの魔界のプリンセス探しを手伝うことになった楠そよ。何でもできて美しいリサに憧れや、複雑な気持ちを抱きながらも仲良くなっていく。憧れだった涼平先輩と急接近したそよ。しかしリサが目的だったと知り落ち込む。リサへの黒い感情から、そよは抜けだし友情を復活させられるの…? 一方、リサは...続きを読む
  • 魔法使いの心友 1
    【あらすじ】
    楠そよは、目立たないが自他共にみとめる「いい子」としてすごす中学2年生。生徒会長で人気者の涼平先輩に憧れを抱いている。しかし、万能だけど空気が読めない美少女・魔美坂リサが転校してきてから、そよの生活は一変する。実はリサは魔界から、ある目的のためにやってきた魔女だった! リサの手助けをす...続きを読む
  • きみとユリイカ 4
    最終巻。前巻でめっちゃ抱きしめてるから、やっときたと思ったのに無意識ってなんだ。でもやっぱり麻衣と久瀬くん目で追っちゃうのね。小鳥ちゃん亘理くんとうまくいかないからって麻衣にムカついちゃうってどうなの。別に久瀬くん(友達)と買い物に行くくらい普通だよね。そして亘理くん海外留学説浮上。誰かのために生き...続きを読む
  • きみとユリイカ 3
    2学期が始まる。夏休み麻衣が近くにはいることが多かったから落ち着かないって付いてくる亘理くん可愛い。マイペースでなんでもストレートに言う小鳥ちゃん登場。人の彼氏を奪うと周りの子から嫌われてるらしい。早速亘理くんに惹かれてるようで三角関係に。この子出てきてから麻衣と結子の距離も少しずつ離れてるようでな...続きを読む
  • きみとユリイカ 2
    なんか思った以上にさらっと読める作品。久瀬くんの告白から気まずさを覚える麻衣だけど、久瀬くんは全然変わらない態度。数学教えてもらったお礼に映画デート。まだこの時点では嫉妬も寂しさもないのね亘理くん。亘理くんの幼なじみのエマ登場。亘理と二人っきりになりたいからって麻衣に嘘つくほどなのにお兄ちゃんみたい...続きを読む
  • きみとユリイカ 1
    無料アプリ。ほんわか可愛らしい絵。人助けと言えど、見ず知らずの男の子を女の子が1人で暮らしてる家に泊めちゃうのは如何かとは思いますが、可愛らしい。なんか絵が目黒あむさんに似てる気がする。突然やってきた北欧帰りの天才イケメン亘理くん。変わってて面白い。テレビの真似して抱きついて刺してきたところは笑った...続きを読む
  • 伯爵と妖精 1

    マンガの絵に惚れてます

    この「伯爵と妖精」はアニメで見た記憶があるんですが、マンガを読むとまた違った感じに受けられて良いと思いました。
    元々香魚子先生の絵は好きでしたから読みたいと思いました。
    これからの進展が楽しみです。
  • きみとユリイカ 3
    新キャラを登場させ、強引ながらも三角関係を展開させることにより話がテンポよく動き出した。短編が得意な香魚子さん、長編を描くコツを掴みかけているのかも。2巻の壁を突破し、まだまだ続きます。
  • きみとユリイカ 1
    ふわふわしていて可愛らしい作品です。

    孤独だけど暖かみのある少女(主人公)と、
    孤独な不思議くんで天才少年の同居ストーリー。

    とにかく絵柄が可愛らしく、ほのぼのできました。

    男の子の方がどう恋に落ちるのか、楽しみです。
  • 棘公爵の花嫁 賭けをしましょう、旦那様
    父が亡くなり、老人の妻になるところを借金のカタに公爵バートラムの妻になったジゼル。

    最初はジゼルの父との約束だからと妻にしたあとは放置してるバートラムでしたけど、だんだんジゼルに惹かれてて、お互いに気持ちを伝えたあとは、甘々全開に。バートラムってこんな人でしたっけ?っていうくらいです。
  • 棘公爵の花嫁 賭けをしましょう、旦那様
    主人公ジゼルの強かさと小娘らしい傲慢さ、情の厚さがとてもよく描かれていて面白かった。人嫌いのくせに懐が深くて優しいバートラム様が素敵だしバートラムの前ではただ可愛いジゼルがほんと可愛い。
    可憐だけど強かなジゼルと気難しいバートラムという関係性がひと目でわかる香魚子さんの表紙絵も素敵。