白川紺子の作品一覧

「白川紺子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2024/05/17更新

ユーザーレビュー

  • 海神の娘 黄金の花嫁と滅びの曲
    シリーズ2作目。
    明るい話ではない。辛さ苦しみ恨み怒りを扱いつつも一筋の光が訪れて救われる。人間は群れたり寄り添いつつも、一人である。特に立場が上であれば孤独だし孤高でなければならない場合が多い。海神は気まぐれで厳しく、でも娘を遣わす。
  • 烏衣の華
    後宮の烏、海神の娘と同じ世界観ということで期待して読みましたが、これは絶対3作セットで読みたいお話だなと思いました。
    真相は海神の娘が嫁いだ先で起こった悲しい出来事でしたがこんなに繋がっていて、3作の出版社が違うことにびっくりするレベル。
    霊耀、月季、そして島を出た鬼鼓の青年の今後が楽しみです。
    ...続きを読む
  • 烏衣の華
    『後宮の烏』から連なる同じ世界観の作品で、ファンにとっては嬉しい。
    天才巫術師の美少女とその許嫁が、ある島の名家で起きる連続死亡事件の謎に迫る。
    祓う力を持つ者と、持たざる者の互いの葛藤が、素直になれない恋愛に奥行きを持たせている構成で、積み上げられていく二人の会話や行動があってはじめてラストへと繫...続きを読む
  • 烏衣の華
    後宮の烏と同じ世界観で始まった新シリーズ(シリーズですよね?)
    最後まで落とし所が想像出来なくて楽しんで読めた。表紙の二人の関係の変化を楽しみつつ、謎解きとヒロインの鮮やかな幽鬼退魔にため息。しかし彼は私が読んできたどの小説のヒーロー?より生真面目で堅物で鈍い(笑)好きだけど( ̄▽ ̄)
  • 契約結婚はじめました。3 ~椿屋敷の偽夫婦~
    ちょうど先日旅行で、椿の種類がたくさん植えてある植物園に行きました。この本に出てくる椿をみることができて、感激でした。この椿たちを巡って物語ができているんだな、と。今回も、やきもきしますが、相手のことを思い合ってほんわかするお話たちでした。

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!