後宮の烏

後宮の烏

作者名 :
通常価格 604円 (税込)
紙の本 [参考] 648円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

後宮の奥深く、妃でありながら夜伽をすることのない、「烏妃」と呼ばれる特別な妃が住んでいる。その姿を見た者は、老婆であると言う者もいれば、少女だったと言う者もいた。彼女は不思議な術を使い、呪殺から失せ物さがしまで、何でも引き受けてくれるという――。時の皇帝・高峻は、ある依頼のために烏妃のもとを訪れる。この巡り合わせが、歴史を覆す「禁忌」になると知らずに。 【目次】翡翠の耳飾り/花笛/雲雀公主/玻璃に祈る

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社オレンジ文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2018年06月15日
紙の本の発売
2018年04月
コンテンツ形式
EPUB

書店員のおすすめ

後宮の奥深くに住みながら夜伽をしない特別な妃、「烏妃」。彼女は不思議な術の使い手で、頼まれれば代償と引き換えに、呪殺、祈祷、失せ物探しと何でも引き受けてくれるという。そんな彼女のもとへ、あるとき皇帝がやってくるところから始まる、中華風ファンタジー兼ライトミステリー小説。コバルト文庫出身の作家ということもあり、少女小説のような雰囲気もあって非常に読みやすかったです。4つの連作短編で構成されていますが、美しい表紙イラストと相まって、硬質な烏妃の姿と言葉が非常に印象的で、あっという間にお話に引き込まれてしまいます。個人的には、衣装や風景を表現する作家の文章力を強くアピールしたい!

購入済み

続編を求む

j.lo 2018年07月16日

何となく、あらすじを読んだら「夜伽をしない妃」に惹かれて購入し読みました。
どちらかと言えば期待もそこまでなかったのですが、最初からガッツリ掴まれました。
読み進めていく中、情景が目に浮かび、言葉の使い方もとても美しかった。
内容もとても読み応えがあり、読むのがこんなに楽しかったのはいつ振りだ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月08日

4話に分かれていて,烏妃こと寿雪がそれぞれ幽鬼を楽土に送るという形で話が進み,その中で人物紹介,国の歴史,仕組み,伝承なども語られていく.展開も自然で事件事件に国の歴史が立ち現れ,しかも面白い.帝の性格も好感が持てるし何より寿雪の真っ直ぐで人慣れないかわいさが微笑ましい.とりあえず友というところから...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月02日

孤独な2人が、出会い近づく物語。実権にしがみつく皇太后に母と友を殺され自らも廃太子にされながら、現皇帝になり、罪を実証して毒を送っただろう彼と前王朝の末席にあってただ銀髮という隠し用もない姿ゆえに先代鳥妃に次代として育てられた彼女。(普段は、黒髪に染めてます)
冬の王、夏の王を己の運命にされ、誰とも...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月19日

前評判は聞いていたが、文庫本になっていたので購入。

4つの連作短篇集といったところの文章量だけど、どれも読み応えがある。
中華風ファンタジーは多数読んできたが、個人的には一番好きかも。
夏の王と冬の王という対立にある関係でありながら、2人は似たような過去と後悔とを抱えていて、だからこそ互いに惹かれ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月09日

中華風後宮物語。
タイトルとあらすじからは想像出来なかった、玻璃のようになめらかで透き通る読後感。雰囲気がとても好み。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play