香魚子のレビュー一覧

  • 後宮の烏
    後宮には伽を行わない烏妃と呼ばれる妃がいる。

    面白かったです。特別な力があっても、普通の少女でしかない寿雪がツンデレで可愛い。

    続きもあるようなので、読みたいですね。
  • 後宮の烏
    中国が題材とされているため、漢字の読みには少々苦戦しましたが、漫画のような感覚でスラスラと読み進められました。
    1巻にしては謎とされている部分の解明が早く感じられた箇所もありますが、そこまでの長編にならないのであれば有り得る展開ではないかとも思いました。
  • 後宮の烏2

    登場人物が増えていく

    烏妃は一人でなければいけないという、前任者の教えを守ろうとするヒロインだけれど、幽鬼関係の人助けをするうちに、烏妃を慕う人たちが増えてきます。根は優しい寿雪としての自分と烏妃としての自分のあり方に悩む彼女の様子が描かれていて面白かったです。
  • 後宮の烏

    暗いような明るいような

    後宮を舞台にした若い皇帝と主人公である幽鬼や呪いを祓う特殊な立場の十代のヒロインの話。よくある話の組み合わせですが、文章が読みやすく、話の内容もドロドロの権力争いから、身近な大切な誰かを思うほのぼのとした話が混ざっていて面白かったです。
  • 後宮の烏3
    3巻目にして初めて地図がついたので何度も見返しながら読む。夜明宮意外に離れ小島じゃないんだな、とか色々面白い。新護衛の淡海がまた今までとは違う性格で寿雪の周りを彩り日常パートがますますほっこりする。しかし地方有力者の娘鶴妃の侍女に起きた呪詛事件をきっかけに彼女の周りはまたきな臭くなる。謎の新興宗教教...続きを読む
  • 後宮の烏3
    徐々に話が進んでいってます。
    素敵な人たちと美味しそうなお菓子が魅力です。
    寿雪がどんどん可愛くなっていくし、色々と今後どうなるのか気になります。
    異母兄弟ってのはいらないかなと思いましたが、今後関わってくるんでしょうか。
  • 後宮の烏3
    にぎやかにほんのり幸せになっていくにつれてざわざわ不安感が増していくという烏妃が感じているのと同じ感覚をざわざわ共有。先が楽しみなようなとても心配なような。
    話がどんどん大きく広がってきましたね。だから地図がついたのかな。
  • 後宮の烏2
    綺麗で静かな文体が好みすぎて、読んでいるとストレスが浄化されていくような。
    謎が少し解けたり更に深まったりと話の規模は大きくなってきたけど、烏妃の行動範囲や関わる相手が限られているのでやっぱり静かに話が進行していく。珍しい描かれ方のように思う。そこもとても好み。
    話の先も楽しみ。続巻購入済みです。
  • 後宮の烏3
    後宮の烏の三作目。

    烏妃の周りに人が集ってくる。
    それを拒めなくなっている烏妃同様、
    読み手も怖くなってくる。
    誰かが切り捨てられるのではないだろうかと心配になってくる。
    作者に、または、話の流れに。

    許婚とともに賊に襲われ、
    生き残った娘に呪詛の品を届けた許婚の両親。
    一族への呪いを迎えた養女...続きを読む
  • 後宮の烏3
    今回は高峻と寿雪の関わりというより、2人を取り巻く新たな人物たちがどうつながっているのかというところがおもしろかった。衛青と寿雪、アユラとイシハ、それぞれの意外な結びつきはもちろんのこと、手を組んでいた朝陽と白雷、無邪気で子どもっぽい晩霞も何かを知っていて隠しているような…
    ということで4巻が楽しみ...続きを読む
  • 棘公爵の花嫁 賭けをしましょう、旦那様
    砂を吐くくらい甘~~い夫婦の話でした。著者が後書きで、前半と後半で公爵サマの甘さの意味が違うと仰っていましたが…後半の仏頂面で甘い言葉を吐くヒーロー、めっちゃ好み(前半の、結局は優しい所も良い)。あと、自分達の主人が大事で大好きな2人の爺やさんがとても好きでした^^♪。
  • 後宮の烏2
    ひと言で言えば
    毎回、後宮の何処かに現れる幽鬼を
    烏妃がなんとかするという話なのだが
    それぞれの事情や立場や感情が絡みあって
    飽きがこないし
    その都度二人が互いを思いやる気持ちが
    育まれていくのがいいね

    今回は烏と烏妃の関係や因縁など
    核心に迫ってきているので
    またまた今後の展開が楽しみ
  • 後宮の烏3
    夏の王と冬の王の物語が高峻と寿雪の中で新しく作られようとしている.烏妃から烏を解放させることができるのか、新しく登場した大海亀の神や呪術師白雷などますます波乱含みな展開の中で光明も見えている.頑張れ高峻.
  • 後宮の烏2
    やっぱりこの話好きだな。梟は何者だったのかね?これから異世界交流も出てくるってことなのかな?冬官が裏切ってたのが残念です(T_T)結構好きだったのになぁ。死んだことを話さない主上、ほんとに烏妃が好きなんだね(笑)。
  • 後宮の烏
    中華風ファンタジー

    主要人物達が陰を持ちつつも良い子なので、読んでいて気持ちが良い。国の成り立ちや神話にあたる部分が面白く作り込まれている雰囲気なので、今後さらに謎が解かれていくのが楽しみ。
  • 後宮の烏3
    神の死体によってできた世界、烏漣娘娘(うれんにゃんにゃん)と鼇の神(ごうのかみ)、杼(ひ)の国、そして八真教、寿雪と衛青の関係。
    霄(しょう)国の成り立ちと動きのピースがさらに明らかになってくるが、今後の展開が読めず、やや消化不良を感じる。
    草花の色や香り、装束の様子など、文章を読んでいても五感に感...続きを読む
  • 後宮の烏3
    烏妃の敵は梟だと思っていたら海亀だったの巻。
    なんだそれ^^

    幽鬼事件の方はこれまでとさほど変わらない題材だったけど、今巻はこれまであまり描かれなかった政治がらみの話が入ってきて物語の方向性が少しく変わってきたようにも感じる。
    ただ、一番根底にあるのはやっぱり寿雪と高峻の関係なんだよなあ。
    そうい...続きを読む
  • 後宮の烏3
    忘れがちだが、主人公の烏、寿雪は16歳、危うさや、まあ色々と難しいとこらへんが描かれてますな。本巻は美形宦官たちが活躍。やきもきさせられはするが、目が離せない。次巻が楽しみ。
  • 後宮の烏3
    今回はそこまで大きな事件ではなく、次への布石となる情報がたくさん出てきた。

    衛青の過去、イシハの存在、黒幕と思われる人物も。
    続きが楽しみ。

    そして寿雪も少しずつ素直になってきてかわいい。
  • 後宮の烏3
    少しずつ物語も進んできて、寿雪を慕う人も増えてきて、更に面白くなってきました!
    ただ、登場人物の名前や、お住まいの後宮の名前やらが覚えられなくて・・・