香魚子のレビュー一覧

  • 後宮の烏
    洋(舞台は日本で着物の話だが、『下鴨アンティーク』の世界観は洋だ)、和ときて、今度は中。
    筆者の持つ見識と世界観が広すぎて脱帽する。

    史実とはかけ離れたフィクションの王朝だけど、文化は完全に中国。
    東洋史は苦手なので、言葉や人・ものの名前になかなか馴染みがなく難しい。
  • 後宮の烏4
    一巻ごとに文体は流麗に、内容は濃く核心に近づいて行く感じがする。今回は烏妃の根源や沙那賣の家族、沙那賣と白雷との繋がりなどなど少しずつ明かされた。烏妃の心が自由になっていこうとするのと周りとの関わりが深まっていくのや謎が解けるのが平行して進んでいき、結実していくであろう後半が楽しみだって、勝手にそろ...続きを読む
  • 後宮の烏3
    一気に全体像が見えてきた感じがする巻だった。これまでつながってなかった登場人物の繋がりが出てきて、あ゛~これだから、登場人物のもろもろ覚えておけない自分が悔しいよな、とまたも思い知らされる。まあいいか、また読み返す楽しみがあるもんね。このシリーズも、一巻でやめずに、割と一気に読んだ方が良いヤツです。
  • 後宮の烏4
    人が多くなってきて少しわかりにくくなったが本質は変わらず少しずつ変わっていく寿雪とまわりの人達が面白いです。
  • 後宮の烏3
    登場人物が沢山増えて寿雪が少しずつ変わっていっていてとてもたのしく読め、謎も少しずつ変わっていっているので続きがたのしみです。
  • 後宮の烏
    想像以上に良かった!
    『十二国記』を想像させる、遠い昔の中華風ファンタジー。
    壮大な世界観と緻密に構成されたストーリーは、ライトノベルの域を超えている。主人公を始めとするキャラクターも個性的でありながら愛着を持たずにはいられない者たちばかり。

    続編が気になる!
    そして、『十二国記』が読みたくなった...続きを読む
  • 後宮の烏2
    鳥妃がなぜ独りでいなければいけないのか、それが分かってきます。特に宦官であるイシハとのエピソードが良かったです。2巻も面白くて一気読みしました!
  • 後宮の烏4
    面白くなってきた。烏妃の秘密と過去がだんだんと明らかになってくる。夜明宮の面々のおやつタイムはホッコリする。出来れば皆に幸せな未来がありますように。
  • 後宮の烏2
    前回の作品よりキャラが生き生きとしており、よかったです。しいていうと、前回と比べて後味の悪い話が多かったかなと思います。一冊としては、とてもよかったと思います。
  • 後宮の烏2
    中華風巫女妃ファンタジー(でいいのかな?)第2弾。
    前巻は楽土送りがスムーズだったけど今巻は救われないバージョンいろいろ。

    後味悪かった編
    ・水の聲
    「お嬢様のため」じゃなく「この娘を立派に育てた私のため」が生んだ悲劇。
    決して生前は認めなかっただろうけど、恨まれてもおかしくないよなぁな毒親感。
    ...続きを読む
  • 後宮の烏4
    じわじわとクライマックスに向けての助走が。
    なぜ烏妃が苦しい夜を過ごすのか、
    なぜ孤独を強いられてきたのか、
    前妃のかなしい自己犠牲…
    次がスゴく楽しみ。
  • 後宮の烏4
    後宮の烏の四作目。

    人が作りし様々な「掟」には、
    人が苦しむ面ばかりが目につきやすいが、
    他方、守られていることも多い。
    そのため掟を破れば、痛みを覚悟しなければならない。
    帝であろうとも、烏であろうとも。

    その役割をしかと受け止めながらも
    ほんのわずかに自分に許した「心」が
    次第に大きく動いて...続きを読む
  • 後宮の烏3
    謎が謎を呼ぶ第三巻。登場人物が増えてきて少々分からなくなってきましたが、寿雪にとって良い方に向かうと良いなと思います。
  • 後宮の烏
    烏妃と呼ばれる身分である主人公。後宮に住むことから、皇帝・高峻と関わっていきつつ、色々な背景や能力、個性が開かされる巻なのかな、という印象です。これからが面白くなるんだろうと期待します。謎解き&妖術系&後宮。きゅんきゅん度は低め。
    ラノベ仕様じゃないため、ストーリーや会話で引っ張るわけではない。読み...続きを読む
  • 後宮の烏2
    少しずつ明かされていく烏妃の秘密。人と接していく中で弱くなることも強くなることもあるよなぁ。寿雪には幸せになって欲しい。続きが気になります。
  • 後宮の烏3
    たすけてほしい、と言えるようになるのかな。
    みんなが幸せになれますように、と祈ってしまうよね。

    人間関係も神様関係も国土関係も複雑。
    今回はやっと物語の全容が見えてきた感じ。
    2巻までで寿雪の人間関係と仲間が集まってきて、
    今回はまわりの話。
    これから高峻と寿雪が立ち向かっていくもの。
  • 後宮の烏4
    蚕に纏わる女官の幽霊と消えた蚕の謎、淡海が疑われた宦官殺人事件。謎を解決し囚われた幽鬼を開放していくうちに寿雪の立場がどんどん危うくなっていく第4巻。周りとの絆が強くなる展開に胸が熱くなるけど「烏妃はひとりであるもの」の意味が痛感する事件も起こりそうなるよな、と納得な展開。そして洪濤殿書院に彷徨う幽...続きを読む
  • 後宮の烏4
    巻を重ねるごとに物語の核心に迫っていく感じがいいです。
    寿雪の周りの環境はどんどん変化し、人との繋がりを持ったがゆえに起こってしまった事件。
    繋がりを持たねば面倒なことに巻き込まれることも少ないかもしれないけど、、 やっぱり繋がりを持つことで得られることの方が大きい。
    と、私は思いたいし寿雪もそうで...続きを読む
  • 後宮の烏
    訳あり美少女と憂いの青年帝の中華風後宮鎮魂ファンタジー、でいいのかな?

    面白かった編
    ・翡翠の耳飾り
    導入にして肝の勝負編だと思う。1/3くらいこの章に割いてるし。特殊霊力?を持つ妃・烏妃の神秘的な美と、世間ずれしていない小娘・寿雪の憎たら可愛さのバランスとギャップが!そして何やら中々本音を見せな...続きを読む
  • きみとユリイカ 2

    絵が綺麗で内容も良かった

    無料版の1巻を見てハマり、続きが気になって2巻を購入しました!
    今回も亘理くんがどんどん変わってく様子が見れました!次の巻も楽しみです。