はじめてのゲーム理論 2つのキーワードで本質がわかる

はじめてのゲーム理論 2つのキーワードで本質がわかる

作者名 :
通常価格 946円 (860円+税)
紙の本 [参考] 1,012円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※この作品には販売期限があります。
2019年10月31日を過ぎると販売を終了致します。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

経済学の分析道具として発展したゲーム理論は生きるための多くの知恵も与えてくれる。「利己的な人」を想定したナッシュ均衡と、「全員の利益」を最大化するパレート効率性が一致しないジレンマ。その解決のために考えられるさまざまなメカニズム・デザインと、理想のルール設計は不可能であるとする不可能性定理──人間社会の限界をも示唆するゲーム理論を学んで、したたかに生きよう。(ブルーバックス・2012年8月刊)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
ブルーバックス
ページ数
224ページ
電子版発売日
2014年04月04日
紙の本の発売
2012年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
19MB

    Posted by ブクログ 2015年03月07日

    ナッシュ均衡って聞いたことあるというレベルだったので面白く読めました。ゲーム理論の入門書としてオススメ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月19日

     本書はタイトルから分かるとおり、ゲーム理論の入門書。「2つのキーワードで本質がわかる」という副題に違わず、通読するだけで「ナッシュ均衡」と「パレート効率性」、ゲーム理論の中心となる考えかたがつかめた。全部で200ページほどなので、すぐに読み終わったが、すっかり理解しようと思うと再読が必要だと感じる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月14日

    なんとなくゲーム理論の基礎的な知識が身についた。この本には応用系の話題、コラムのような基礎知識を身につけるためのインセンティブに欠けているようにも思えた。あと数学などの取り決めみたいなものに疎いせいか、いきなり説明なしに数式化、図化されて、読み取るのに時間を要した。
    でも入門書としては良いのかな。第...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月25日

    ぉわー。
    また大分内容を忘れてしまった。。
    とりあえず、ゲーム理論って、囚人のジレンマくらいしか知らなかったけど、もうちょっといろいろあったんだね、っていう(笑)。
    そして、なんで「ゲーム理論」というかって、実際、ポーカーとかのゲームで勝つ可能性を最大化させる研究から始まっているっぽぃ。
    ある意味新...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月05日

    ゲーム理論について、基本的な考えを実に分かりやすく解説した本です。

    ほんとに過不足なく、素晴らしくまとめていると思いました。特筆すべきがない、というのは、おそらく最大の賛辞なのではないかと思うほどに、入門書としてまとまっています(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月26日

    内容盛り沢山、だがたしかに盛り沢山すぎて各章の印象が薄く、かつ理解が難しくなっていると思う。

    特に最終章に量子力学との関連を持ってきた点は、発展中の学問だけに、徒に話をややこしくしてしまったのではないか。

    ただ、あとがきにあるように、パレート効率性とナッシュ均衡の概念を、この一冊で把握することは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月16日

    入門書としては、少しレベルが高く感じたが、
    「囚人のジレンマ」や「ソロモン王のジレンマ」など聞いたことはあるけれど、詳しくは知らなかったものを説明されていて面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています