万葉集 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典

万葉集 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典

作者名 :
通常価格 539円 (490円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

日本最古の歌集万葉集から名歌140首を選び丁寧に解説。歌に生き、恋に死んだ人々の歌を、しみじみ味わう本。参考情報を付しながら、古文の力がなくても十分古典の面白さがわかる。
※本作品は紙版の書籍から口絵または挿絵の一部が未収録となっています。あらかじめご了承ください。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ソフィア文庫
電子版発売日
2012年08月03日
紙の本の発売
2001年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2018年11月24日

    正岡子規が好きなので、万葉集はいつかちゃんと読みたいと思ってるけど、全部読むと、他の読書が止まり過ぎる予感があるので、これでひとまず誤魔化す。

    中平卓馬は万葉なんだな、とか。誤解を恐れずにいえば、日本の詩の歴史における縄文土器。ドカッとした塊の迫力よ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月01日

    自分では言葉にできなかったモヤモヤとした感情を、たった三十一文字で表現してくれている。昔の人も、私たちと同じようなことで悩んだり苦しんだりしていたんだと思うと、本当に勇気づけられる。

    「うらうらに 照れる春日に ひばり上がり 心悲しも ひとりし思へば」

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月15日

    『万葉集』から選ばれた140首が丁寧に解説されています。巻末には、付録として初句索引や作者索引もついていて、読み返すのにとても便利です。歌枕地図で歌に詠まれた場所を確認できるのも素敵ですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月13日

    元号が発表になる前の週、書店でどうしても気になって購入したのですが、なんと、万葉集から「令和」が決まるとは。単なる偶然ですが、なんだかうれしいです。
    万葉集の句は、素朴で力強くて、飾り気が少ないような気がします。肩ひじ張らずに、気楽に万葉時代の日本語のリズムに触れてみるのがいいと思いました。古今、新...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月02日

    新元号「令和」の出典は万葉集からとのことだが、はて万葉集というものの存在は知っているがついぞ読んだことがないと気づく。

    せっかく興味を持ったものの万葉集に関する書籍は山のように出版されておりどうしたものかと悩んでいたところ、「ビギナーズ」の文字が躍る一冊を発見し手に取った次第である。

    丁寧な解説...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月20日

    1300年前には歌しかなかったからなのか、心の有り様を言葉で表現することにおいては現代人よりも遥かに上手(うわて)です。いや、というよりも、気持ちを言葉にすることって、現代人にとっては遠ざかってしまったことのような気もします。

    風の様、土のにおい、草木花々の彩り香り、天気や月、星雲の形、誰かを想う...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月09日

    いやー読むのに時間かかった~
    終盤でようやっと、おもしろくなってきた。が、歴史知識が少なすぎて当時の情景創造度合いはとても低いのだろうな。。。
    奈良時代のことなんてなんも知らんからな。。。いつかこの時代の書籍にも手をつけえてみよう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月23日

    坂口由美子さんという教師の方の解説が非常にわかりやすいです。特に終盤の注釈においては、ご本人の文学に対する造詣の深さが滲んでいると思います。例えば、大伴家持と室生犀星と谷川俊太郎という、時代の異なる詩人たちに共通した心象風景というものを、ほんの数十行でさらりと論じておられるところなど、ただただ心憎い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月10日

    古典初心者向けの「万葉集」。
    抜き出された歌の数は少ないが、解説が易しく丁寧で読みやすく、まさに初心者向け。文字サイズも見やすい。
    図版は白黒で数も多くはないが、歌に詠まれた草花などがイラストで紹介されている。

    関連した歌を続けて紹介したり、代表的な枕詞がコラムで解説されているなど、全体的に読みや...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月23日

    友達が読んでいるのを見て、古典を今読んだらどうだろうと感じ、トライ。
    名歌を集めただけあり、授業で聞いたものや、どこかで聞いた事のあるものも。1つひとつの解説を読むことで、詠み手や受け手の関係性、時代背景を想像しなが、読み進められます。こうして読むと、日本史をもう一度学びたくなります(*^^*)
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~30巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 30件

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「ビギナーズ・クラシックス 日本の古典」に関連する特集・キャンペーン