水滸伝 十七 朱雀の章

水滸伝 十七 朱雀の章

作者名 :
通常価格 463円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

童貫(どうかん)と畢勝(ひっしょう)が、怒濤の猛攻を開始した。董平(とうへい)率いる双頭山が総力を挙げて迎え撃つが、次々と同志は討たれていく。更なる禁軍の進攻を止めるため、侯健(こうけん)は偽の講和案を進めていた。が、そこには思わぬ落とし穴が待ち受けている。一方、致死軍と高廉(こうれん)の軍の決戦が間近に迫っていた。闇の中で、両者は息を潜め、刃を交える時を待っている。北方水滸、悲泣の十七巻。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
400ページ
電子版発売日
2011年09月22日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年02月17日

ついに童貫が出撃。圧倒的な力で双頭山をわずか一日で陥落させる。二竜山が趙安の軍勢に包囲され、童貫との激戦で関勝らを失いながら応戦する梁山泊軍。
高球への偽装講和作戦も佳境を迎え、致死軍と高廉の部隊が 闇の中でぶつかり合う。そして負傷した公孫勝が林仲に語った凄まじい過去。彼の苛烈さの正体と素顔が垣間見...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年10月24日

表の戦も、裏の闘いも、激烈になってきた。
人も減っているが、育ってもいる。
さて、どう決着をつける?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月08日

原点の水滸伝と比べて、大幅な改訂が加えられているそうですが、原点を読んでいない俺にとってはどうでもええ事やな。
原点ら読んでなくても充分楽しめる!めちゃめちゃおもろい!!
原点では妖術とかの要素もあるらしいんやけど、北方版ではそれも省かれたあた。
俺は小説でそんな魔法とかファンタジー的な要素が入った...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月15日

朱仝が死んでしまうシーンが印象的過ぎたからか、けっこう重要なキャラクターが死んでしまってもその描かれ方があっさりしている気がして、少し寂しく感じました。でも、最終決戦の最中だしどんどん皆死んでいっちゃうから仕方ないのかもしれない。
そんな中、魯達の死に様は壮絶だった。宋江と共に見たかった国の行く末を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年09月05日

いいのか?まだあと2巻を残しているのに、こんなに盛り上がっていいのか?

そんないらぬ心配をしてしまうほどの盛り上がりよう。
面白さは本の序盤からいきなりMAX。そのテンションは最後まで保たれたまま。
もはや神がかり的な面白さなのである。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています