水滸伝 十四 爪牙の章

水滸伝 十四 爪牙の章

作者名 :
通常価格 463円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

梁山泊は、威勝(いしょう)の田虎(でんこ)の叛乱が青蓮寺の策略だと看破した。近くの石梯山(せきていざん)に魯達(ろたつ)や鄒淵(すうえん)らを派遣し、切り崩しを図る。しかし、田虎に雇われた張清(ちょうせい)が、精強な傭兵部隊を率いて立ちはだかった。一方、官は梁山泊の完全殲滅(せんめつ)を決意する。禁軍・地方軍・水軍あわせて20万の軍兵を投入してきた。兵力で圧倒的に劣る梁山泊に対し、空前の規模の攻撃がついに始まる。北方水滸、焦眉(しょうび)の十四巻。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
400ページ
電子版発売日
2011年08月26日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2014年01月08日

原点の水滸伝と比べて、大幅な改訂が加えられているそうですが、原点を読んでいない俺にとってはどうでもええ事やな。
原点ら読んでなくても充分楽しめる!めちゃめちゃおもろい!!
原点では妖術とかの要素もあるらしいんやけど、北方版ではそれも省かれたあた。
俺は小説でそんな魔法とかファンタジー的な要素が入った...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年09月04日

前半はちょっとのほほんで、後半は激戦な14巻。
前半、盧俊義と宋江が魚を釣ったり、史進が妓楼に通っている時に襲われて全裸で交戦したりしていて、双頭山であんなに熾烈な戦いがあって何人もの人が死んだけど、生きている梁山泊メンバーには時が流れ続けているんだなと思わせられました。
そして後半は、禁軍二十万と...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月27日

官軍が20万の大軍で大攻勢をかけてくる。梁山泊は青蓮寺のトップを暗殺しようとするが失敗。各拠点も苦しい戦いが続く。どうなる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月26日

史進の素っ裸事件に和み、大いに笑わせていただきました。林冲の食いつきようが…(笑)
梁山泊の面々が仲良いと嬉しくなっちゃいます。

一方、官軍との戦は緊張続き。しかし花栄の活躍には胸がすく思いでした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月07日

クライマックスへの布石の巻!

全体的に緊迫し続けた14巻でしたが、
林冲の公孫勝に対する言葉とそれに続く盧俊義の賭けのシーンが全体の緊張を程よくほぐしてくれているように思う。(208ページ付近)
林冲と公孫勝の掛け合いはいつ見てもほっとする。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています