水滸伝 十六 馳驟の章

水滸伝 十六 馳驟の章

作者名 :
通常価格 463円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

梁山泊は戦によって、潰滅寸前にまで追い込まれていた。回復の時を稼ぐため、侯健(こうけん)と戴宗(たいそう)が偽の講和案を持って開封府に近づく。また、晁蓋(ちょうがい)を殺した史文恭(しぶんきょう)が再び動き出した。名を変え、商人になりすまし、次なる標的のそばで暗殺の機を待ち続けている。それに対し、公孫勝(こうそんしょう)は袁明(えんめい)の首を狙っていた。堅牢な守りをかいくぐり、いま、致死軍が青蓮寺を急襲する。北方水滸、暗闘の十六巻。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
392ページ
電子版発売日
2011年09月22日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年04月27日

両陣営とも先の大戦で負った傷を癒す為休戦状態。
その間も暗闘は繰り返される。
史文恭がまた暗殺を行う。
こいつにより、梁山泊の有能な人材が減らされていく。。。
燕青vs洪青の達人同士の決闘は思わず力が入った!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月08日

原点の水滸伝と比べて、大幅な改訂が加えられているそうですが、原点を読んでいない俺にとってはどうでもええ事やな。
原点ら読んでなくても充分楽しめる!めちゃめちゃおもろい!!
原点では妖術とかの要素もあるらしいんやけど、北方版ではそれも省かれたあた。
俺は小説でそんな魔法とかファンタジー的な要素が入った...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年08月27日

まずは恒例の各章のサブタイトルとその星が表す豪傑の名前の列挙からです。

天貴の星: 小旋風・柴進
地雄の星: 井木犴・郝思文
地壮の星: 母夜叉・孫二娘
地数の星: 小尉遅・孫新
天牢の星: 病関索・楊雄
地陰の星: 母大虫・顧大嫂

大戦直後、しかも回復の時を稼ぐための「講和」を模索している真っ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月29日

激戦を経て立て直しを図る梁山泊。しかし、そこに暗殺者の陰が…。暗殺って汚い方法だが、対象によってはかなり有効だな。まして代わりがいない立場なら。そして致死軍が青蓮寺を急襲。トップの抹殺に成功する。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月21日

この巻は表立った争いではなく、暗殺などの闇の戦いが多い。
ページ数はそんなにないけれど、洪清と燕青の体術のぶつかり合いはものすごく緊張しながら読んだ。
そして晁蓋を梁山泊から奪った史文恭がとうとう捕らえられる。
梁山泊からしたら脅威以外の何者でもないが、敵としてものすごく魅力的な人物だったと思う。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています