水滸伝 四 道蛇の章

水滸伝 四 道蛇の章

作者名 :
通常価格 463円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

馬桂(ばけい)は愛娘を殺され、悲嘆にくれていた。青蓮寺(せいれんじ)は彼女を騙して梁山泊への密偵に仕立て上げ、ひそかに恐るべき謀略を進めていく。一方、宋江(そうこう)は、民の苦しみと官の汚濁を自らの眼で見るため、命を懸けて過酷な旅を続けていた。その途中で、純真さゆえに人を殺してしまった李逵(りき)と出会う。李逵は次第に宋江に惹かれていくが、そこに思わぬ悲劇が待ち受けていた。北方水滸、波乱の第四巻。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
390ページ
電子版発売日
2011年06月28日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2018年05月31日

宋江の旅。で彼に惹かれる彼ら。と対立の位置にいる李富 黄文炳のこだわり。いやぁ梁山泊側も官軍にも悩みまくってる姿がみえるとうんと魅力的に思えてくる。
でも水滸伝 梁山泊 敗れちゃうんだ…

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年03月21日

青蓮寺も大きく動きだし、いよいよ梁山泊との緊張感が高まってきた。
登場人物の今後の行方も気になります。
引き続き5巻も読みます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年03月14日

南へ旅立った宋江の話が中心。
穆弘・穆春・李俊、李逵と出会い、梁山泊も拡大。
いろんな人間が複雑に絡み合い、今後どうなっていくのか楽しみ。
宋江がやばい!?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月08日

原点の水滸伝と比べて、大幅な改訂が加えられているそうですが、原点を読んでいない俺にとってはどうでもええ事やな。
原点ら読んでなくても充分楽しめる!めちゃめちゃおもろい!!
原点では妖術とかの要素もあるらしいんやけど、北方版ではそれも省かれたあた。
俺は小説でそんな魔法とかファンタジー的な要素が入った...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月07日

初めて、女性が女性でありひとりの人間として書かれていると思える章。
それまで苦手だった李富をこれで見直したと言ってもいい。
李富が人気あると言われるのも分かるなぁ。
案外人間臭かった。

この先、馬桂が真実を知ったとしても、李富に騙されたとは思わないんじゃないかな。
それだけのものを李富は馬桂に尽く...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています