水滸伝 十二 炳乎の章

歴史・時代18位

水滸伝 十二 炳乎の章

作者名 :
通常価格 463円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

青蓮寺(せいれんじ)は執拗に闇塩の道の探索を続け、ついに盧俊義(ろしゅんぎ)の捕縛に成功した。過酷な拷問を受ける盧俊義を救うため、燕青(えんせい)は飛竜軍とともに救出へ向かう。一方、北京大名府に残る闇塩の道の証拠を回収すべく、宋江(そうこう)自らが梁山泊全軍を率いて出動する。それに対して青蓮寺は、雄州の関勝(かんしょう)将軍に出陣の命を出した。宣賛(せんさん)と策を練り、梁山泊の盲点を見極めた関勝が静かに進軍する。北方水滸、極限の第十二巻。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
400ページ
電子版発売日
2011年08月26日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

「水滸伝 十二 炳乎の章」のユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年08月24日

晁蓋が死んでしまったことに対する宋江の言葉に、仲間と同じように泣いてしまった。宋江の心情描写はないけど、哀しみの深さが伝わってきた。
「晁蓋とともに、闘い続ける」「晁蓋が勝利を待っている」
呼延灼が韓滔を偲ぶシーンも良かった。
盧俊義の拷問のシーンは、飛ばしてしまった。燕青は、気持ちが悪いキャラだと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年12月31日

関勝が出てくると「おもしろい!!」。
すごい人間味があり惹きこまれます。
晁蓋が死に盧俊義が捕縛され大変な状況もあり~の。
なかなかハラハラしながら読むことができました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月08日

原点の水滸伝と比べて、大幅な改訂が加えられているそうですが、原点を読んでいない俺にとってはどうでもええ事やな。
原点ら読んでなくても充分楽しめる!めちゃめちゃおもろい!!
原点では妖術とかの要素もあるらしいんやけど、北方版ではそれも省かれたあた。
俺は小説でそんな魔法とかファンタジー的な要素が入った...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年11月22日

晁蓋が死に、盧俊義が拷問から助け出されて、、、盛りだくさんな1冊でした。死域で生き続けた燕青をめちゃめちゃ応援してました。

それから本当に私はこの男たちが大好きだ!!って感じるシーンがありました。
最後の方で、朱富のお店で林冲たちが飲んでいるシーン。
言い争いになって出てきたセリフ。
「もうやめろ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月22日

晁蓋と共に戦う、と宣言した宋江のシーンが、すごくよかった。あとは
盧俊義と燕青。燕青かっこよすぎ〜。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,516

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!